カテゴリ:犬と海外旅行イタリア留学( 185 )

イタリアのお土産etc・・・。

ランキング急下降中!!!!
まずは救済クリックをお願いします!!!!!
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村


さて。。。ランキングは下がっても
嬉しいことにアタシのブログを見て行きたくなった!と言って
ローマやヴェネチアに旅発とうとしている生徒さんがいらっしゃいます。

そこで最近イタリア事情あれこれについてUPしてますが・・・
先日も「お土産ってどんなものが?」との質問。
b0083925_16465759.jpg

イマドキ、こんなベタなお土産を買うヒトはニホンジンにも・・・いや
他の外国人にもあまりいないのでは?とも思いますが・・・・(苦笑

アタシ、もうここ何年もイタリアに行くときにガイドブックを買ったことがありません。

で、生徒さんが持っていたガイドブックを見せてもらうと
衝撃!
・・・ってほどでもないんだけど・・・
イタリアで買うべきお土産、みたいなページがあり・・・

そこに『Baci』が載っていなかったっ!!!!!
b0083925_16481617.jpg


『Baci』 バッチ  イタリア語で”キス”と言う名のチョコレート。
昔のイタリア旅行土産と言えばほぼ9割のヒトがくれた超有名(?)チョコレート。

もはや・・・過去の話なのか・・・・・・・。

ってか当たり前すぎてガイドブックに載せるのは沽券にかかわるのかしら?(苦笑

とにかく定番中の定番。
かなり食べ応えのあるチョコですが・・・アタシはけっこう好きです。
お土産買い忘れた!ってときも空港で必ず山盛りで売っているので・・・便利です。

ただし差し上げた時「あぁこれね。」とあまり感激してもらえないかもしれません(苦笑

それと空港でも買えるけど街中のスーパーとかの方が安いです。


他に気の効いたもの、っていうのが簡単に思いつかなかったのですが
旅先のスーパーはいまやお土産モノの宝庫。

かなり好評なのはコレ。
b0083925_16375157.jpg

料理嫌いで有名(?)なアタシですが・・・意外とインスタントもの、食べません。
だけど・・・ヴェネチア留学中、体調を崩した時に買ってみたら・・・意外といける!
”リゾットのモト”みたいなもの。

お水と中身を鍋に入れてコトコト煮れば本場(?!)イタリア~ンなリゾットの出来上がり♪

お値段も安いし、壊れ物じゃないからスーツケースに気兼ねなく放りこめるし。
なかなかです。

b0083925_1640238.jpg


こんなカラーパスタも町のあちこちでかわいいパッケージに入れられ
お土産用に売られています。
・・・が、生パスタ教室の生徒さんに
乾燥パスタをお勧めするのも・・・センセイの立場上(?!)あんまりね(笑

とにかくスーパーはイタリアでもやっぱりお土産選びに便利です。

あと、ヴェネチア限定で言えばコチラ!超お勧め!!!!!!
b0083925_16432928.jpg

『Baicoli』と言うお菓子ですが・・・
ラスクのような・・・もうちょっと薄くて・・・ほんのり甘い。
何かやめられないんですよね~。
缶入りのものもありますが、箱入りはスーパーなんかにもあって
軽くて安くて・・・しかも差し上げたら皆さんに好評でした。

ヴェネチアに滞在するなら『Baicoli』おすすめ!

もちろんお財布にもスーツケースにも余裕のある方は
ヴェネチアングラスなどもよいかと思います。
b0083925_16462680.jpg


”らしい”お土産って実はけっこうムズカシいモノかも知れませんね。
お土産買うことに振り回されて時間がなくなる、なんてことにはなりませぬよう!

b0083925_16494875.jpg


っていうかアタシ自身、もう10日後にせまった上海旅。
お土産何がいいのか、今から悩んでます・・・。
だって・・・なんてったって中国ですから・・・ヘンテコなものは
笑える、ってことでなく・・・身体に危険、みたいなこともあるかもでしょ???


では、今日も応援のクリックお忘れなくお願いいたします♪
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
by mi-piace | 2010-11-04 16:40 | 犬と海外旅行イタリア留学 | Trackback | Comments(6)

イタリア ホテルのお風呂etc...。

回数券で何度もレッスンに参加してくれているプリンス あんじーの飼い主さんから
先日、「イタリア初旅行ならお風呂の情報もぜひ!」とアドバイスをいただきました!

そうだった・・・イタリアのホテルのお風呂は・・・これまたニホンジンにとってはやっかいなのだ。
b0083925_15164711.jpg

イタリアのホテルではかなりハイクラスなホテルでないと
バスタブなし、のお部屋がけっこうあります。

イタリア人、お湯に毎日浸かる、っていう習慣はありません。

だからどうしても毎日お湯に浸からないとダメ!っていう方は
ホテル選びのとき、気をつけてくださいね。

で、別にシャワーだけでもいいや、と言う方。
これまた要注意です。

アパートではほぼないですが・・・ホテルの場合
シャワーの途中でお湯がお水になる、という悲劇!けっこうあります。

イタリアはなんてったって歴史の古ーーーーーーーーーい建物が多く
そういうところはだいたい、設備も最新式とはいきません。
だから、シャワーのお湯はホテルのタンクに溜められたものを
全部屋のゲストで”分け合う”わけです。

日本みたいに蛇口をひねればふんだんにお湯が出続ける、ということはないんです!

ですからタイミングが悪いと、すぐにお湯がお水になっちゃうこともあるし・・・
バスタブがないからって日本みたくシャワーからお湯を出しっぱなしで
浴びていると、その溜めてあるお湯がどんどこ無駄に流れていくので・・・
結果皆さんの貴重なお湯が無くなる、という大変な事体になることも!
b0083925_15172336.jpg

ちなみにプリンス あんじーの飼い主さんは、一緒にイタリア旅行したオトモダチに
その事実を伝え忘れ・・・オトモダチはリンスをした頭のままお水を浴びる羽目になり
ご本人はしばらくシャワーを浴びれない、という悲惨な経験をなさったそうで。


とくにこれ、ニホンジンがよく泊まるホテルに起こりがちなトラブルだそうです。

こんなにキレイ好きなニンゲンばかりなのはおそらく日本のみ????

そんなニホンジンがいっぱい泊まれば一気にお湯を使うわけで・・・・・・・。

b0083925_15175428.jpg


と、いうことでお湯の出しっぱなしには気をつけて!
ちなみに我が家はイタリア旅行中は朝シャワー浴びたりしてました。


あと、ホテル話のついでですが・・・
ほぼ全ホテルで歯ブラシやスリッパなどのアメニティーは期待してはいけません!!!!

シャンプーが置いてあればアタシからしたらかなりいいランク(苦笑
タオルだってペッラペラってことはよーーーくあります。

ですから歯ブラシも歯磨き粉も・・・そして当然スリッパもお持ちくださいませね~。


そうそうもいっこ思い出した。
お部屋に湯沸しポットがあるのも稀です。
もし、カップラーメンなんか持参してもらっても・・・
お湯の調達が・・・ってこともあります。
(ちなみに熱々のお湯をもらうのも苦労しますので・・・。アイツら熱々の概念なしです。)
b0083925_1518248.jpg

日本やアメリカ系のホテルで当たり前ってことも
イタリアではそうでないこと、いっぱいありますよ~。

何だか不便な国だな・・・とちょっと引いてしまわれた方・・・
確かにそうなんだけど・・・でも!それ以上に楽しいこともいっぱいありますので
あまりネガティブにならないよう・・・ってアタシが煽ってるって?!(汗

では今日も応援のクリックお願いしまーーーす。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
by mi-piace | 2010-11-02 15:22 | 犬と海外旅行イタリア留学 | Trackback | Comments(8)

イタリアBAR(バール)の使い方。

イタリアのどんな小さな町にも必ず(!)あるBAR(バール)。

アタシのブログでも過去何度も登場しておりますが
バールの存在はイタリア人にとってなくてはならない生活の一部です。

b0083925_17445752.jpg

読んで字のごとく、BAR バー お酒を出すところ、としても当然の役割を果たすけど
それ以外にとてもイタリア人に大切な
エスプレッソやカプチーノなどのコーヒー類をだしたり。

お店によっては軽食も用意されていたり。

またまた夕方、いわゆるハッピーアワーみたいな時間帯に行けば
グラスワインやカクテルなど注文すると
おつまみ食べ放題!!!!みたいなお店も結構存在します。
b0083925_17453495.jpg


ニホンジン観光客にとってもイタリアのバールの存在は重要。

朝、コーヒーやパンで朝食をとったり
お昼に軽くパニーノと呼ばれるサンドイッチを食べたり
歩きつかれた足を休めたり・・・などなど。
b0083925_17455824.jpg

そして先日コンビニ話のときにいただいたコメントでもあるように
ちょっとした飲み物ならそこで飲まずとも
ペットボトルのお水やジュース、パニーノなんかを買って帰れるので
これまたいざというときに便利。
b0083925_17463042.jpg

あとは・・・女性の一番の心配はトイレ。
街中に有料のコインを入れるタイプのものもあるけど・・・
アタシは使用したことがないので・・・キレイなのかも解らないし
ちゃんと使えるのか・・・不明です。

で、そんなときバールでトイレを借りる、というのはよくある手。

ただ・・・トイレだけ借りるのでなく、できればそこでエスプレッソ1杯でもいいから
飲んだり、お水が必要かも、と思っていたら買ってから
お借りするのがマナーというものです。

ただし・・・このバールのトイレ、キレイかどうかはこれまた賭けみたいなもの(苦笑
b0083925_1747743.jpg

とにかく町の至る所、しかも結構長い営業時間で開いているので
道を聞いたりするのにもとっても役立つと思います。


しかしながら・・・

イタリアのバール、支払いのシステムが言葉の解らない旅行者には
かなりやっかいな気がします。

まず、カウンターでの立ち飲みと、イスに座って飲むのでは
同じエスプレッソでもお値段が違います・・・。
b0083925_17473431.jpg

立ち飲みは当然安い。
だけど座る場合はお店のヒトが運んでくれるので
その分の手数料的にお値段は立ち飲みの3倍程度かかる、と思ってくださいね。

で、これまたお店によってもいろいろだけど・・・
先にレジで支払いを済ませてからカウンターで改めてそのレシートを見せて
注文をする、という場合もあれば
カウンターで直接バリスタさんにお願いして飲み終わってから
レジでこれまた申告するパターンなど・・・・。

これがまぁいろいろなんです。
b0083925_1748435.jpg

まあ大都市の眺めのよいバールのテラスなんかは
座っていればカメリエーレ(給仕)さんがやってきて注文を聞いてくれて
飲み物を運んでくれたときにその人に支払えば大抵問題なしですが。

このテラスなんかに座っていても待てど暮らせどカメリエーレさんが来ない、なんてことも。

またテラス席でもメニューが置いてあるところ、そうでないところなんてのもあるので・・・
日本みたいに「なんとかかんとかマッキャート」みたいなちょっと変わったものを
頼みたいと思ってもメニューが存在しないお店での注文は旅行者にはムズカシイかも。
b0083925_17484559.jpg

そうそうテーブル席で料金UP、ですが
日本のド○ールみたく、カウンターで注文して自分で勝手に席に運んでしまえば
立ち飲み料金、ってこともあるし・・・
そうしようとすると「係りが運ぶから!」と注意されることもある・・・。

ちょっとだけやっかいです。


でも、やっぱり疲れた足を休めたり
それ以上にイタリア本場の美味しいコーヒーはコーヒー党なら飲む価値ありだし
いろいろ使い勝手もいいのでぜひお試しを!

バールのお兄さんなんかにお勧めのレストランなんて聞いたりしても
楽しいですよ~。
b0083925_17491740.jpg

そうそうコーヒー党にはお勧め、と言いましたが
紅茶党さんは気をつけて!
かなり高級なバールでも・・・ティーバックってとこがほとんどでございますから
あまり期待できません(苦笑

イタリアのコンビニや両替について、現地で生活している生の情報をコメントにいただいています。
そちらも合わせてみていただくと、より現状が解ると思うので
ぜひ参考にしてくださいませ。
そしてそれらの情報をいただいたfumieveさん、mimmiさんありがとうございます!

それでは今日も応援のクリックお願いしまーーーーーーーーす♪
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
by mi-piace | 2010-10-29 17:55 | 犬と海外旅行イタリア留学 | Trackback | Comments(4)

イタリアの両替。

b0083925_9485636.jpg
今日も初めてイタリアに降り立とうと考えている生徒さんや読者の方のために
イタリアでのお金についてあれこれ。

イタリアの通過はご存知ユーロです。
なので当然両替しないといけませんね。

食事や買い物なんかはカードが使えることが多いので
カードは便利ですが・・・けっこうイタリアでアメックスが使えないお店多い気がするので
ご注意を!

地下鉄やバスのチケットも自販機だとカードが使えたりしますが・・・
まぁ言葉が不安だったりすると使いづらいでしょうし
やはり多少の現金は必要です。
b0083925_9493027.jpg

そこで、どこでユーロに両替する?・・・ってことです。

短い旅行なら日本の銀行で両替しておくのは時間の節約でよいと思います。

今年ヴェネチア滞在中、親友が遊びに来てくれましたが
その時日本で両替した、というピッカピカの新札を持ってきていました!

イタリアで・・・一度も見たこと無い手の切れそうなピン札(笑

けっこうボロボロのお札が流通しているので・・・
逆にイタリア人にピン札を渡すと不信がられることもあるのでご注意!
b0083925_950454.jpg

それと高額紙幣も嫌がられることがあるので
日本で両替してくる場合は、あまり大きな額のお札にせず
20€や50€程度のものを持っていると便利な気がします。

出国前に空港で、というのもありますがあまりレートがいいとは聞きません。
そしてイタリア到着して空港内にも銀行はいくつかあります。
窓口もあるしATMもあります。
イタリアも空港の銀行はあまりレートがよくない、とも言われてますが
まったくユーロを持っていないで市内には繰り出せない場合もありますから
そこはご自身のプランに合わせて両替を。
b0083925_9503755.jpg

で、街中。
銀行窓口。これがねぇ・・・イタリアですから。
もちろん銀行によってレート、手数料は違います。
が、もっと困惑するのは営業時間がまちまちなこと!!!!

短い旅行の中でいいレートの銀行を探して・・・窓口の空いてる時間で、なんて
考えてるとそれだけでストレス溜まりそうなので
あまりお勧めはできないかなぁ。

それから街中の両替所。
これももちろんお店によってレートが違いますし手数料もぜんぜん違います。
あとはホテルで両替してくれるところもあります。
一度もやったことないけど・・・。
b0083925_9511134.jpg


アタシは毎回ATM派です。

日本で国際キャッシュカード機能のついたものを発行してくれる銀行に口座があれば
24時間空いているATMからお金を引き出せます。

手数料は口座を持っている銀行によって違います。
例えば三井住友は一回¥100。
新生銀行は確か無料だった気がします。
(イタリアサイドで手数料は発生しません。)

引き出した時のレートに1~4%程度の手数料と、先ほどの引き出し手数料がプラスされ
自分の口座から引かれます。
b0083925_9514884.jpg

結構ATMは便利な気がします。
なんてったてイタリアにおいて24時間稼動ですし。
ただしATM案内はイタリア語、英語などチョイスはできますが日本語表示はありません。
ま、そんなに難しい単語は出てこないので大丈夫。

あとATMで心配なのは普通に道端に面していること。

日本みたいに銀行内のブースとかに入るタイプは少なく
フツウに路面なので、不安を感じるかもしれません。
イタリア人はフツウに下ろしてますし・・・ワタシもいつもそうしていて
今のところ問題は無かったですが・・・。
お友達などと行かれているなら見張りしてもらったほうが安心ですね。
b0083925_9571759.jpg


あとはご自分の旅行スタイルやスケジュールなんかを考えて
手数料がいっぱいかかっても安全安心を!と考えるなら日本で両替していくのが一番かも?!

ただあまり沢山持っていくと・・・イタリア大都市にいっぱいいるスリさんに
稼がせてあげる結果となりますのでそこらへんは気をつけて!


東京・・・クリスマス時期の寒さだとか・・・・・・・・・。
こうしてブログ書いていても手が悴んでます!
皆さんほんとに身体に気をつけて~!
そして震える手でちゃんと応援のクリックはお忘れなく~~っ!
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
by mi-piace | 2010-10-28 09:59 | 犬と海外旅行イタリア留学 | Trackback | Comments(6)

イタリアにコンビニはない!

このブログをずっと読んでくださっていたり、パスタ教室に参加していただいている生徒さんから
よくイタリアについての質問を受けます。
b0083925_10183328.jpg

こんな拙いブログや話を聞いて『イタリアに行こう!』と思ってくださる方、
実際行ってくれた方がいらっしゃることがホントに嬉しいです♪
アタシのブログって・・・あんまり観光名所とか載せてないけど・・・
それでも行ってみたい!って言ってもらえるなんて!

そして先日も・・・若い生徒さんから
「センセイの影響でローマに行くことにしちゃいました~っ!」とのご報告。

その日のレッスンはずっとイタリアあれこれについて。

彼女はイタリアはおろか、ヨーロッパが初めて。
一緒に行くお友達もそんな感じだそうですがなんとフリーのツアーで行くそうです。
b0083925_10194211.jpg

そんな彼女から受けたいろんな質問はとっても新鮮でした。
アタシにとっては当たり前、くらいに思っていたことも彼女にとっては知らないことづくし。

そりゃそうです。
アタシだって来月の上海、知らないことばっかりだもんな。


で、まず一番衝撃な質問が
「コンビニありますよね?」

・・・・・・・・ないです・・・・・・・。
b0083925_10201810.jpg

そう、イタリアに限らずヨーロッパではほぼコンビニは存在しないと思います。

じゃ、どうすんの?????と日本の若者は思うでしょうな。

今でこそイタリアの大都市のスーパーはお昼休みなく営業しているお店も多いですが・・・
ちょっと前まではスーパーでさえ!
お昼に休みを取る。
日曜は当然お休み。
もちろん深夜まで開いているはずもなく。

ですから旦那さんのイタリア修行時代はホントーーーに不便でした。
b0083925_10204839.jpg

自分たちが休める時間にはお店も閉まっている・・・・。
買い物のタイミングを失った週末なんて悲惨です。
日曜、なんにも買えない=食べるものがない・・・とかトイレットペーパーがない
などというオソロシイことになります(苦笑


でもね、イタリアの大都市、ローマやミラノ、フィレンツェなどの
観光都市にはコンビニはないですが雑貨屋さん的なものが存在しています。

雑貨屋さん、と言っても日本でいうところのオシャレ~な小物なんかを扱うお店でなく
まぁなんちゅうか、何でも屋さん?!

ジュースなどの飲み物はもちろんお菓子やちょっとした果物とか・・・
洗剤とか・・・生活にちょちょっと必要なものはちょちょっと置いてある。
しかも営業時間が長かったりして・・・。深夜12時くらいまで開いてたり。
品揃えはかなりコンビニ的と思われます!
b0083925_10212879.jpg

アタシがこれまで見てきたり利用してきたそういうお店は大抵
外国人が経営しております。インド人とか中国人とか・・・。

しかも割りとホテルの近くにそういうのが一軒くらいあったりね。

これはパリでもバルセロナでもありました。

でも・・・・・ヴェネチアでは見たことない・・・・・・・・。
もしかしたらあるのかもだけど・・・・・一回も見たことないなぁ。

b0083925_1022895.jpg


まぁイタリアも随分事情が変わってきていて
スーパーの宅配サービスなんかも今では存在しているそうだし・・・。

そんなわけで必要なモノは日中スーパーの開いている時間に買い物しておくか
そういった小さな雑貨屋さんを探しておけばよいかと思います。


それにしても・・・アタシがコドモの頃には日本にだってコンビニは存在しなかったから
コンビニのない場所に違和感は感じないけど・・・(今もあんまり利用しないしね・・・汗)
現代のニッポンの若者には衝撃の事実なんだろうなぁ・・・。
b0083925_10223969.jpg

ランキングは急下降中でございます・・・涙。
何とかもうちょい上がりますよう応援のクリック・・・お願いしますです・・・涙。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
by mi-piace | 2010-10-27 10:02 | 犬と海外旅行イタリア留学 | Trackback | Comments(6)

イタリアのTV。

今日のレッスンにフランスへと嫁いでいかれたお嬢様の一時帰国で
母娘ご一緒に参加していただき・・・
他の生徒さんたちとの話の中でイタリアやフランスで放送されているアニメの話題があったので。

今日はイタリアのTVあれこれ。
b0083925_20451298.jpg

イタリアのテレビ番組・・・・はっきりいってツマラナイものが多いです。
国営放送といわれるチャンネルも、CMが入ります。
そして民放も一番の大手はいつもお騒がせキャラの
イタリア現首相ベルルスコーニさんが社長さん。
メディアを政府がコントロールできるって・・・いいんだか悪いんだか(苦笑

全部で何チャンネルあるの?と聞かれてもはっきり言って解りません。

結構チャンネル数はあるんですよねぇ。
一日中通販番組のチャンネルとかスポーツチャンネルとか・・・でもこれって
たまたま受信できてただけで、ほんとは有料チャンネルなのかな???

イタリア人の命(!?)とも言うべきサッカー、
セリエAの試合などは民放では観られません。
そういうのはすべて有料のまぁスカパーみたいなものですね。

で、民放ではその試合を観戦しているアナウンサーや解説者を生で写して
スタジオにいる一般人(?)とああでもない、こうでもないと
試合中語り合うという、非常に不可解な番組なんかもあります。

それと民放・・・いや国営も???
いわゆるバラエティー的な番組はほぼすべて!
何故か露出度の高ーーーーーーーーいお姉さまが数人合間あいまに
セクスィーな踊りなんかを披露したり・・・その豊満な体を
フレーム内に横たわらせたりしてウィンクなんかをしてくれます。

・・・・こういうの・・・アタシがはじめてイタリアに留学した10数年前から
ぜんぜっん、変わってない・・・・・・・・・・。

ま、いいんですけどね・・・・・。

b0083925_20455010.jpg

ただアタシは一番のイタリア語の勉強としてTVは常につけておき
とくに日本のアニメなんかは好んで見てました。
アタシがコドモの頃にやっていた番組なんかも多いから予測できる、っていうのが何より。

ハイジや魔女っこメグちゃん、カリメロに釣り吉三平。
ドラゴンボールももちろん大人気でございました。

そう言えば昔ホームステイした先の5歳のコドモも
ルームシェアしたイタリア人の女の子の彼氏も
「ガンダムはオレのヒーロー!」と言っていましたっけ・・・。

あとアタシが好んで観ていたのは海外ドラマ。
CSIやER、COLD CASEとか・・・。
意味解らなくともこれらは日本でも見たことがあったりするから
やっぱりちょっと想像がつきます。
ま、専門用語が目白押しだろうから勉強にはなってないかもですが・・・。

それとたまーーーにクイズ番組。
ミリオネアなんかだと問題も最初の方はやさしかったりするから
意外と聞き取れたりするので。
b0083925_20444353.jpg

ちなみにイタリアミリオネアの司会もみのさん並みに有名な方ですが・・・
みのさんほど「溜め」はありません(笑

そう言えばイタリアも2012年までには地デジ化するそうですが・・・
うまくいくのか勝手なお世話ながら心配です・・・。

心配と言えば、ロベルトのパパとママもコドモのテレビの見すぎには
とっても厳しかったなぁ。

b0083925_2044165.jpg


ほんとはイタリアテレビ番組もいろんなネタがまだまだありますが
今日はこの辺で!

それではあまり進化を見せないイタリアTV番組に
応援クリックお願いしまーーーす♪
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
by mi-piace | 2010-10-19 20:52 | 犬と海外旅行イタリア留学 | Trackback | Comments(6)

イタリア暖冬、希望!

なんだかんだともう10月も半ばです。

来月には上海ひとり旅、そして年末年始にはイヌたちとイタリアへ。

イヌの渡航準備はもう慣れているので、バタバタはしていませんが・・・。
友人に「寒くなければいいねぇ。」と言われ・・・
そりゃそうだけど・・・それはきっと無理な話ね・・・と遠い目をしております。
b0083925_10101875.jpg

アタシ本当は寒いのが超超超苦手っ!!!!

今年一月、イタリアに降り立つときもどんだけ寒いのか????と
ドキドキしたものです。
でも・・・ヒー○テックや超軽量プレミアムダウンなどユ○クロ重ね着していたお陰なのか
思っていたより寒く感じなくて済みました。

それでも・・・寒くないわけではない。
そんな中、毎朝見かけるこのおじさんに、
ついつい足が止まってしまったのを思い出します。
b0083925_10105828.jpg


ヴェネチアで有名(?!)な船の八百屋さん。

そのおじちゃんが毎朝、キリキリと冷たい空気が張り詰めるなか
毎朝おじちゃんはカルチョッフィ(アーティチョーク)の皮を剥いていました。

カルチョッフィは切るとすぐ変色しちゃうので
すぐにレモン水などにつけるのですが・・・
それを毎朝コツコツ。
b0083925_10113274.jpg

今思うと何も外で作業しなくてもよかったのでは?とも思うのですが
その背中を見ると何故かほっとして
毎朝、わざわざそのおじさんを見るためだけに、わざわざ八百屋さんの前を通るくらい(苦笑

先日の狡猾な車掌のようなイタリア人もいるけど・・・基本、とっても真面目で
ある意味無骨な人もこんな風にいるんですよね。
b0083925_1012836.jpg


それにしても・・・振り返って当時の写真を見ていても・・・
空気が冷たそ~。

大丈夫か????アタシ?????

そして超サムガリータなPECOりんよ????????
b0083925_1012404.jpg

どうか・・・どうかイタリア、せめてヴェネチア”だけ”でいいから
暖冬でありますように・・・。

と、皆さんもまだ先ではありますが
今から我が家のサムガリータたちのために念力と
応援のクリックをよろしくお願いいたします(笑
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
by mi-piace | 2010-10-17 10:16 | 犬と海外旅行イタリア留学 | Trackback | Comments(12)

まだまだ続くよ、イタリア列車トラブルネタ♪

昨日、一昨日と続いている寝台夜行列車で巻き込まれちゃったトラブルあれこれ。

まーーーーだ引き摺るこのネタを今日もお届けしまーす(´ ▽`).。♪
b0083925_17244160.jpg

イタリアのお役所仕事から町のお店や日常関わる様々な場所。

日本では考えられない不具合がいっぱい生じます
国鉄から民営化されたtrenitaliaも当然のことながらそのひとつ。


遅延なんかは世界に名だたるほどの有名さ。
だけど・・・これはかなり改善されてるなぁ・・・ってアタシは思います。

そしてITのこの世の中。
イタリアだっていつまでもアナログではいられない。
trenitaliaだってずいぶんと進化していてビックリです。

かなり昔からあった切符の自販機。
これは以前にも何度かブログネタにしてますがあまり使われているところを見たことがない。
b0083925_1724024.jpg

窓口がすんご~い混雑していて、自販機がガラガラであっても
あまりそちらに流れない。
もちろん窓口で質問とかしたかったりもするんだろうけど・・・
アタシの個人的見解からすれば
誰も自販機を信用していないっ!!!!( ̄ー ̄;

けどね・・・アタシは何度か、いやほぼこれを使ってますが
問題があったことはないです、今のところ。

だから窓口大行列を見ると・・・「バカねぇ。」と鼻で笑って涼しい顔して買ってホームへと。

そしてtrenitaliaのWEBサイト。
これも随分便利。
時刻表も解るし切符の値段も解る。

そしてすべてではないけれどほとんどのチケットをWEBサイトで購入できます。
以前は予約をサイトでしておいて駅の自販機で発券、って感じでしたが
今では予約の際に発行されるコード番号を携帯メールにも送ってくれるし
そのメールを車掌に見せればチケットレスで乗れるわけです。
これも乗る列車によってできるものとできないものはありますが・・・
おそらく旅行者がもっとも利用するようなタイプの列車ではほぼ可能です。
何とも便利!

ちょっと不安な部分もあるけれど(だってそこはイタリアですからっ!)
恐る恐るそのチケットレスもチャレンジしたら・・・
わぁお、簡単!
本当に検札に来たら颯爽と携帯を取り出してメールをどうだ!と見せるだけ。

自販機でもトラブルなく、チケットレスも体験済み。
b0083925_17251973.jpg

これはいい!ってことで
問題のヴェネチア-パリ間の寝台夜行列車のチケットもWEBサイトで取ることに。

サイトは英語表記もあるので言葉が心配ならそちらから。

乗る駅、降りる駅、日付を入れてクリックすれば
希望の列車が表示されます。
料金も書いてあります。

乗りたい列車にチェックを入れ、進んでいきます。

うん、順調順調。(^▽^)/

ところが!
ヴェネチア-パリ、まず往復が買えない!
何故?????
帰りはフランスから乗車するから??????
いろいろチャレンジするもどうしても・・・買えない・・・・。

イタリア国内なら片道か往復か選べるのですが・・・
このヴェネチアーパリのは途中までうまくいくのに
途中から何故かエラー・・・・・・・・・・・・・・・・・( ̄▽ ̄;)!!。

むむむ。

仕方ない・・・パリのtonomariちゃんにその旨を話し
パリからの帰りのチケットは彼女に買っておいてもらうことに・・・・。
b0083925_17255953.jpg

そして・・・気を取り直して
片道で・・・ヴェネチア発で・・・パリ着でぇ・・・・2月の~にじゅうよっかぁ。
えい!クリック!!!ヽ(=´▽`=)ノ

今度は一等車と二等車、どっちのる?と聞いてくるので
迷わず2等でおねがいしまっす!とチョイス。

するとあれこれ料金のチョイスボックスが出てきます。
発券後も無料で予約変更できるものや
ユーレイルパスなんかを持ってる人用のものや
事前割引などなど・・・。

アタシは恩恵に預かれるモノは何もなかったので
予約変更も可能な、まぁノーマルなチケット!

で、今度は何人部屋にする?と聞いてきます。
6人はちょいと窮屈そうだし
個室はどうしたって経済的に無理・・・そりゃもう4人だわさ!
しかも女性限定ねっ!とクリック。

料金も表示され、よしよしOK!と
さらに予約を進めます。

そして決済の画面。

しかしこれが・・・・・・何度入れても・・・・・エラー。

仕方が無いのでまた①からややり直しっ!

それが・・・・・もう何度も何度も何度やってもっ!
どうしても決済のページでエラー。

うっき~っ!!!!!!!!!!!!!!!!゛(`ヘ´#)

何度も何度も何度も何度も 何度も繰り返す!

でも答えはいっしょ。ε~( ̄、 ̄;)

使ってるカードの不具合?!と違うカードも使ってみるもやっぱりエラー。


むっき~~~っ!
たぶん・・・・・3時間以上かるく粘ってみた。
背中がガッチガチになるまで頑張ってみた。

だけど・・・・・待てよ???ここはイタリア!!!!!
これまでの予約エラーとか言いながら・・・何度もカード番号聞かれてるし
チケットもらえないのに勝手に決済されちゃうんぢゃね????と不安が襲ってきて。。。

ネットでイタリアの鉄道予約、で検索をかけると・・・・
出るわ出るわ・・・・
どうしても決済できない、と旅のコミュで泣きついているコメント!

こ・・・こんなにコマっている人たちが~っ!

ちょっと呆然・・・・・・・。
b0083925_17263557.jpg


だけど・・・・ここを乗り越えなければ!

ってかね、ほんとはそこで諦めて駅窓口まで買いにいけばよかったとは思うんですよ?
だけどね・・・もう何て言うか・・・・意地?!(´ー`)┌フッ

それで再度チャレーーーーーンジ!また3回くらい繰り返していたら・・・

「メールが届きました。」とメッセージが入り・・・
そして見ると何と予約が入っているではないかーーーーーっ!


ほっと一安心・・・と思うのもつかの間。
いったいどの時点で予約が入ったのか・・・・解らない。
だって・・・・ずっとエラー画面で終わってるのに?????

そうなるとまた不安。
やっぱりこれまでの何十回ものエラーと思っていた予約が
実は全部出来ていて、ぜーーーーんぶ決済されちゃうんではっ????

まぁ・・・変更、返金可、な切符なんだけど・・・・
でもこんだけトラぶってるのに、返金してちょ、ってお願いしてもそう簡単には行くまい・・・・・・。

その夜はもう本当にドッキドキしながら眠りました。
翌朝すぐメールをチェックすると、予約は一件だけだったようでやっとほっと。

もちろんtonomariちゃんに頼んだチケットも問題なく取れました。
(まぁ・・・これが2等料金で1等乗れるよ~、と嘘つきチケットくんだったが・・・。)
b0083925_17301935.jpg

この切符はチケットレスには出来ないので自販機で発券しなくちゃいけません。

一定の期間より前に予約をすれば、なんと自宅にも無料で届けてくれる!
そこまで親切に?????と驚いたが・・・・もちろん信用はしませんよ。
だってイタリアですものね。('-'*)

それにアタシの切符はとにかく自販機で発券だしね。

ちなみにパリではけっこうギリギリまで自宅発送してくれるそうで・・・
 フランスの郵便事情もヒドイと聞いてるけど、このときちゃんとtonomariちゃんちに届いたさ


行きも帰りも切符取れたし、ホテルも予約しよ!とウキウキ。
そして予約番号を握り締め駅へ発券に向かいます。

まだ出発まで数日あったけど、当日で慌てたりするのイヤだし
早く発券しちゃお!と思ったわけです。

で、駅の自販機でぴぴぴ、とタッチパネルも軽快に無事発券~♪(=v=)ムフフ♪

ルンルン♪と足取り軽く家へ帰ろうと切符を何気に眺めながら歩いていると・・・・・・
あれ????ちょっと待って??????
なんかこれ・・・・日付ちがくね?????
出発の日にち、違うよね???
あ、寝台夜行だから到着の日が書かれてる?とよく見直すも・・・・
いや、到着は翌朝の日付が入ってる・・・・。

ええええええええ~っ?!
何度もエラーと戦ううちに、どうも日付を間違って入力したものが
よりによって取れたわけ?????

でも・・・・ホテルも帰りの切符も買っちゃったし・・・
これは予約変更可、な切符なんだし、さっそく変更だーーーーっ!と
またパソコンに向かいます。

が・・・・・・・発券までされているのに・・・・・・
何故?????
アタシの予約ページはどうしても出てこない・・・・・・・・・・・。

何度見ても何処見ても・・・・ない。

仕方ない、予約メールに書いてあったコールセンターに電話してみる。
アタシの拙い、拙すぎるイタリア語では不安だけど・・・
とにかく日付変更して!って言うだけだし。

しかーーーーーし!
コールセンター、何度繋がっても・・・・途中で切れる!
これも3回はチャレンジ!
でも途中で切れる。
これってわざと????と思うくらい・・・・(TwT。)。

どんどん怒りが込み上げて・・・・
よっしゃ、駅窓口だーーーーっ!とまた駅へ!

窓口のおばちゃん、珍しく親切。
「あらWEBサイトで取ったチケット???アタシ解らないから聞いてみるわね?」と同僚に聞いてくれる。
すると同僚のお姉ちゃんは、いかにもイタリアーンなお姉ちゃんで
おばちゃんが聞いているのに、ぜんぜんまともに取り合わない。

しばらくガムをくっちゃくっちゃ噛む小生意気小粋な横顔を
オバチャンと共に見つめながら待ち続け・・・
やっと「あ、それWEB?ぢゃここでは出来ない!コールセンターに言って!」

いや・・・・だから・・・コールセンターに繋がらないし・・・・・。

するとオバチャンもさも申し訳なさそうに
「残念ね・・・・。」と呟いたきり後ろを向いてしまった・・・・・。

そう、そうだ、ここはイタリア。
ここでメゲていては先へは進めない。

だけど・・・・また言っちゃうけど・・・
当時はとーーーっても弱っていたアタシ。
もう頑張れない・・・・・。

ここはもうタリキホンガン

tonomariちゃんに連絡し、パリからの帰りのチケットをずらしてもらい
ホテルの予約も変更しなおした。


でも・・・・この時、イタリアでアタシがきっちりこの問題に向き合っていたら
一日ずれた乗車、あのクソ車掌と出会うこともなかったし
帰りもあのマダムたちのバトルに巻き込まれることも無かった・・・。

実はホテルも・・・同じホテルだったのに日付をずらしたことで
料金がUPしてしまい・・・・わずかだけどダメージだった・・・・・・・・。
b0083925_17273124.jpg


そしてこのネタを書こう、と久々trenitaliaのサイトを見て
ヴェネチア- パリの寝台夜行列車の予約を進めてみたら・・・
今度はちゃんと往復買えるようだ・・・・。

もちろん決済画面まで行ってないから途中で
「パリからのは買えないよ~。」ということになるかもしれないけど・・・・。


trenitaliaサイトの不具合は旅人たちの間では結構常識(?)だったみたいです。

だけど・・・このチケット以外はホントにチケットレスシステムも有効で
とっても便利でした・・・・。

とにかくこの時のことは最初っからこうしてケチが付いていたんですねぇ・・・・。

今日も長々ご静聴(?)ありがとうございました。
今日も同情の応援クリックをぜひともよろしくお願いしたします!
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
by mi-piace | 2010-10-15 17:28 | 犬と海外旅行イタリア留学 | Trackback | Comments(8)

結局フランス人?イタリア人?!

さて、ヴェネチア-パリ間夜行寝台列車、行きについてはお話したので~、
今日は帰りのハプニングぅ(←・・・ふ、フルっ!)
今日も長いのでお付き合いよろしくです。
b0083925_19171014.jpg

行きにイヌうんぬんでトラブルに見舞われたので
帰りはそんなことが起こらぬように、と
バブーくんの飼い主tonomariちゃんとフランスの鉄道会社に確認に行きました。

すると・・・
やっぱりキャリーバックに入る程度の小さなイヌならタダ。
そして当然キャリーには入れること。
それから同室のコンパートメントの方たちの同意を得ること。

上の2つは了解です。
が、3つ目・・・これって実は難しい問題ぢゃね????
だって・・・乗車して初めて会う人たちばかり。

それをイヌどうです???って聞いて
「あらワタクシ、イヌはダメなんざぁますのよぉ。」なんて言われたらどうすんの????
もう乗ってるのにさ。

こんなとこがイタリア同様、ラテン系のお国柄よね・・・・(´-`) 。

だけど、パリからヴェネチア行きの列車。
乗客はほぼフランス人がイタリア人なはず。
となれば概ね”イヌ好き”のDNAで構成されているに違いないっ!!!と
都合よく思い込むことに致しました・・・(苦笑

でも・・・できればご迷惑もかけたくはないけど
ゴンゾウがPECOりんみたいに気配さえ消してくれたらそんな心配もいらない、と
バブーくんのトランキライザーを飲ませることに。

b0083925_19194512.jpg

先日もちょっと書いたけど、帰りは2等車の料金で1等車に乗れるという
プロモーション中で、もちろんそれでチケットゲット!

1等ってどんなかしら~?!とちょっとワクワクしながら乗り込んでみると・・・・

あ・・・アレ「(ーヘー;)え~と...??????
行きと同じ??????????

ま、いっか。料金は2等の払ってるんだしね・・・・だけど・・・・・だったら
期待させないで~っ!

で、アタシの部屋にはすでにマダムがお二人。
ぼんそわ、と小さく囁いて挨拶。
ここはイタリア人みたく騒々しくない・・・お上品です。

静かに本を読んだり、夜食のサンドイッチを食べていたり。

するとすぐに小さな赤ちゃんを連れたママも乗ってきた。
すんごい荷物だし・・・ママ自身ちょいとでかいヾ(´▽`;)。

これで定員4人。

ちょっと狭いけど・・・まぁ皆いいヒトたちっぽいし。
これなら大丈夫そう、と見送りに来ていたtonomariちゃんも安心して下車。

そして列車は動き始めました。

アタシもタイミングを見てイヌおります、と伝えなくちゃ、と
皆さんが落ち着くのを待つことに。

しかし・・・・・ママは何かずっと落ち着かない。

たっくさんの荷物をあちこち我が家のように勝手に置き始めるし・・・
いきなり携帯でぺちゃぺちゃおしゃべりを始め・・・
その間、ベビーのことはほったらかし。

お隣で静かに本を読むマダムの膝とかにノシノシとベビーが乗っかっていっても
ママはおしゃべりに夢中。

やっとおしゃべりが終わるとまた荷ほどき始めたり・・・(-_-;ウーン

そして・・・
な、なんとっ!!!!
いきなりオシメを替え始めた~っ!!!!!!

いや、いいんですよ、もちろん。
ベビーだしね。
だけど・・・何の断りもなくいきなり!
すると狭い個室には もわ~んとベビーのウ○チのニオイが・・・・・・・。
しかも・・・・アタシのお隣のマダムは夜食を召し上がっていたのに・・・・・(T△T)。

さすがに隣のマダムはしかめっ面をしましたが
ママはぜんぜん気にする気配なし!

イライラがだんだん部屋を充満していく・・・・
今更イヌいますけどいいですかねぇ?なんてとても聞けるムードでない・・・・( ̄Д ̄;;
どうぞ・・・このまま何も起こらず夜が明けますように・・・・・・・と
心の中で小さく祈ったアタシの言葉は神様には届かなかった・・・。
b0083925_19205942.jpg


アタシのお隣マダムがそろそろ寝よう、と言いベッドの準備を始めました。

するとママが
「え~、そんな準備は車掌がするんでしょ~?ねぇ?ね、そうよね???」
アタシたちに問いかける。

行きは散々、自分でベッドを作ったアタシ、
本当はそんなことしてくれるのかなんて知らないし・・・
もう一人のマダムもさぁ?と言う感じ。

でも本人が寝たくてご自身で準備してるんだし、いいじゃん、と思っていたら
またKYなママは
「そもそもそのベッドのやり方おかしいわよ。」と文句をつけ始めた・・・・。

それまで堪えていたであろうマダム
・・とうとう
キレたーーーーーーーーーっ!!!!!

ヾ(;´▽`A``アセアセ
「アンタにいちいちそんなこと言われる筋合いないわよっ!
 そもそもアンタは上の段なんだから関係ないでしょっ!?」
と・・・

するとママ
「はぁ?????何でアタシが上の段なわけぇ???????
 アタシにはベビーがいるのよ!上なんて無理に決まってるじゃないっ!」


「はぁ?アンタこそおかしいんじゃない???
 下の段はアタシとこちらのお嬢さんよっ!!!!」
とマダムはアタシを指差した。

解説しておこう。

その時すでに車掌による検札は来ていてマダムはアタシが下の段、と
チケットを盗み見ていたらしい・・・。

「どうしてアンタとこのヒトなのよっ!」

「これは予約で決まってるのよっ!!!!!」


再び解説しておこう。

確かに予約時に上か下か選べる方式。
アタシは下の段を選んで予約したのだ。

見かねたもう一人のマダムが優しく
「アナタのチケット見せて?あぁ確かにアナタは上の段だわね。」と言うと

「だってこの予約はアタシがしたんじゃないっ!
 旦那がしたんだからアタシ知らないっ!!!!キーーーーーっ!!!!!」


もはや駄々っ子┐('~`;)┌。

そりゃ解る、解るよ。
上の段に昇る梯子は結構キツイし・・・しかもアナタの体型ではほんとに大変。
それに大切な赤ちゃんが万が一落っこちたりしたら大変。


だけど・・・・それまでの蛮行に苛立ちを感じていたヒトたちには
「そうよね。」と同意はできないさ。

でも。。。。。アタクシ、諍いを起こさず何事もま~るく収めたいニホンジン

「あの・・・・アタシ上でいいですけど・・・。」と申し出るも

アンタは黙っててっ!!!!!

叱られました・・・・・ヽ( ´ー)ノ

b0083925_19214654.jpg

どんどんヒートUPしていく二人。
あまりの殺気にそれまで大人しくしていたゴンゾウも
ぴぃぴぃ言い始めてるけど・・・・もはや誰も気付かない。

あまりの騒ぎに他の乗客も覗きに来る始末。

「車掌よんでこい!車掌をーーーーっ!!!!」

とうとう車掌までやってきました。

最初は紳士的に解決しようと穏やかに状況を確認する車掌。
皆のチケットを再確認し
「あぁやっぱりアナタの予約は上の段ですから、仕方ないですね。」と言うと

ママキレたーーーーーーーーーっ!!!

それまでフランス語だったのに、何故かイタリア語で罵り始めたっ!
とてもここでは書けないさ・・・。

すると・・・見る見る車掌の顔が赤くなり・・・・
とうとう車掌までイタリア語で罵り返したーーーーーーーっ!!!!

もう・・・・収まりつかない・・・・・。


その間もぴぃぴぃ、と不安そうに鳴くゴンゾウ。
そしてベビーも火がついたように泣き出した~。

もう、勘弁して・・・・・・。


アタシは再び
「アタシ・・・・上の段でいいですから。ねぇお願いだから上の段ってことで・・・。」
半鳴きに車掌の袖をひっぱると

はっと我に返った車掌。
「ホントかい???ホントにそれでいいのかい????許せるのかい??????」

「えぇ、もういいですから・・・とにかくもうやめてください。」


すると他の3人も急に冷静になり
「本当にアナタが???いいの??????アナタがガマンすることないのに????」
口々に言うけれど・・・・もういいじゃん。
丸く収めようよ。疲れたし・・・もう遅いしさぁ・・・・(TT▽TT)ダァー。

そしてアタシはえっちらおっちら昇りにくい梯子を昇って横になりました。

結局バトルの二人が下に寝て・・・
まずマダムが先に下車。
「アナタは本当に親切だったわ。」と頬にキスしてくれました。

次の駅でママが下車。
「アナタはまるで女神ね。」とハグしてくれました。


残った二人。
思わず顔を見合わせてほっと一息。

夜も明けて、やっと
「イヌ、いるんです。出しても大丈夫ですか?」とマダムに聞くと
すごく驚かれてました。
まったく気付かなかったそうで・・・・。

「アナタたちが一番マナーがイイコだったのね。」
いっぱいイヌたちを撫で回してくれました。

もうすぐヴェネチア。

ずっとヴェネチアに旅することを夢見ていた、とうマダムと
お互い拙いイタリア語で熱く語り・・・
夜行列車の悪烈な環境を罵り・・・
もう2度と乗るまい、と誓いあいましたとさ~(´ ▽`).。o♪♪

ちなみに・・・もちろんフランス語はまったく解らないので・・・
バトルのやりとりはアタシの想像でございますが・・・
おそらく間違ってない!と自信を持って言える!
こういうのって何故か解っちゃいません?!
b0083925_1918131.jpg


と、こんな感じで帰りにもトラブルに見舞われたアタシ。
思えばこのチケットを取ろうとした時からそれは始まっていたんですけどね・・・。
その話もまた長くなると思うので・・・また後日。

いいヒトと同室だったり、個室であればもっと快適なはずです。
皆さんもこんな思い出不快深い旅いかがですか???

では今日も応援のクリックお願いしますよ~♪
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
by mi-piace | 2010-10-14 18:51 | 犬と海外旅行イタリア留学 | Trackback | Comments(10)

まさしくこれぞイタリアっ!な出来事・・・・。

昨日UPしたパリ-ヴェネチア間の寝台夜行列車でのハプニングについて・・・。

思い出すだけでイライラが募り、昨夜はあまり眠れなくなるほど(涙
b0083925_18482319.jpg


このときのトラブルはひとつやふたつではない!ってのがまたイタリアらしい・・・┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~


イヌ2匹を連れてパリにいるバブーくんに会いに行こう、と決めて
飛行機で行くか、列車で行くか迷った。
飛行機ならマイルも溜まってるからほぼタダでいけるけど・・・
短いフライトとは言え、空港に行くまでやチェックイン時に
イヌについてアレコレするのが面倒で・・・。
だったらほんの少し高いけど寝台夜行がいいのでは???と思いついた。

横になって寝てればいいわけだし、イヌたちも少しは窮屈な環境でなくなるし。

さっそくヴェネチアの駅窓口にパリまでのイヌの料金を聞きに。
すると。。。「要らないわよぉ。」

よし、これならマイルでほぼタダとしてもイヌ代は払わなくちゃならない
飛行機よりやっぱりいいぞ!と。

あれ?イヌ、いつもフリーで乗ってるけど・・・だけど寝台ってことは4人部屋とはいえ
個室だし・・・何か規定みたいなの、あるかしら???と
今度はコールセンターに問い合わせの電話。
「キャリーバックに入ってれば大丈夫よ~。」
念のため料金も聞いたけどやっぱりタダらしい。

よし!とWEBサイトから予約を入れるも・・・ここでまずトラブル!
でも、これについてはまた後日。
b0083925_18491427.jpg

とにかく、少々浮き浮き気分で列車に乗り込んだ。
まぁまぁキレイだし、しかもヴェネチアから列車が発車したときには
部屋にはアタシだけ!
もちろん途中いくつかの駅に停車するからずっとひとり、ってこともないだろうけど
いいんじゃない???と思ってた。
この時までは・・・・ね。


しばらくすると車掌が切符とパスポートのチェックに。
パスポートは国境を超えるので車掌に預けなくてはならない。
(これもホントはすっごーーーーーーーく嫌なんだけどね!信用ならないし!!!!)

その時イヌたちはもちろんキャリーの中。

だけど人の気配を感じたゴンゾウが「ぴ~、ぴぃ~。」と声を出し始め。
でもギャンギャン言ってるわけでもないし、今はよそ様もいないし、と
フツウに車掌のくだらない世間話に付き合っていたら・・・
車掌が
「んんんんん????何だ????何の音だ??????」

-イヌです。

「えっ!?イヌ??????????????ダメだよ!

???????????ダメって???????????????

「だからイヌダメだよ。」

はぁ????????だってコールセンターは問題ないって言ったよ!

「いや、それは そいつが間違えてる!!!!


・・・・・・でた・・・・・・・。
イタリアってとこは人によって言うことが違うこと日常茶飯事フー ( ̄‥ ̄) = =3

ちゃんと規定があるであろう会社や役所なはずなのに・・・・言うことが人それぞれ。


-でも!とにかく確認したし!!!!

「いや!駄目なもんはダメ!!!!
 いや、もちろん個室ならOKだけどね。ここは後からもう一人乗るし。」

-でも・・・ちゃんと確認したし・・・・(T_T)

そいつがバカなんだろ?
 オレのせいじゃないし┐( ̄ヘ ̄)┌
 アンタがそのまま居座ったらオレがボスに怒られちまう!」


言葉でこうして表現すると伝わりにくいけど・・・・
これはもうとっても威圧的で・・・
もともと言葉も不自由なうえ、当時のアタシはとっても精神的に弱っていたから
戦い続ける気力がない・・・・・。

-じゃ、どうしたらいいのさ?

「オレ様の記憶が正しければ4人部屋で空きがある。
 それを残り3人分のチケット料金を払うか、個室に移るか、だね。」



・・・・・・・・・当時のアタシは今以上にお金のない生活だったから
それで4人部屋にしたのに・・・・・・・
個室はありえない料金だけど・・・・残り3人分ってのもあり得ない。
個室だと確かあと300€くらい、そして残り3人分とやらなら400€近く払わなくちゃならないっ!
・・・ホントにあり得ない。
絶句するアタシ。すると・・・


「まぁだけど~、アンタもお困りのようだしぃ( ̄ー ̄)
 オレ様の裁量で空きの4人部屋をあと200€払えばいいってことにしてやてってもいいぜ?」



・・・・・・・・・・・超、足元見られてる・・・・・・・・・・・・。

だけどその間もゴンゾウはぴぃぴぃ言い続け・・・・
もともと弱っていたうえに、夜も遅く、しかもちょっと疲れていたので
思考能力も激しく低下しているし・・・
なんせとにかく戦える気力がない・・・・・・。

車掌は入り口で眉間にしわを寄せて見下ろしてるし・・・・。


-解った、200€払う。

「あっそ、じゃ後でその部屋に案内するから待ってて。」

さも親切な人みたいにニッコニコしながら出て行った・・・・・。
何かがおかしい・・・だけど・・・もう・・・いいや。

しかしまたその車掌、すぐにでも戻るのかと思えば
そこはまたまたイタリア~ン。

待てど暮らせど来ない。
だから当然横になることもできない・・・・・・・・。

何だかんだの深夜12時ごろ、やっとさっきの車掌が戻ってきた。

「よし、移動だ!」空いていた部屋に移った。

「じゃ、ほら200€くれ!」と手を出す車掌。

-カードで払うよ。

「は?????????あり得ないんだけど??????!!!!!!」



いきなりいきり立つ車掌。

・・・・・・は?あり得ないって言いたいのはアタシだよっ!

当時アタシはあまり現金を持ち歩かず、なるべくカード決済していた。
そしてイタリアの鉄道は車内であってもカードで支払いを出来ることを知っていた。

なのに、このオヤジ・・・・何言ってんの????

現金だよげ。ん。き。ん。

何度も言おう。
私は当時とても弱っていて、しかも夜中で眠たくて、しかも疲れていた。

まったく頭が回らずバカ正直に財布を取り出し
「だってこれしか持ってない。」
掻き集めてもおそらく170€くらいしかないお札を全部取り出して見せた。

すると車掌は「ちっ!!!!!」と激しく舌打し、
アタシの手に握られたその時の全財産の全部を引ったくったっ!!!!!!!
Σ( ̄ロ ̄lll



おっさんがよくやる、指をツバで濡らしながらお札を数え
「しっかたね~なぁ。」とフトコロにお金をしまった。

そして「これでここはオマエの部屋だからイヌもフリーにしていいぞ!」
さも寛大で気の効くオトコ、みたいな顔をして言った。

「ところでそんなちっぽけなカバンに入ってるってどんなイヌだ???
 見せてくれよ????オレ、イヌ好きなんだよねぇ。」



ずぇ~~~ったいっ!!!
 死んでもオマエにだけは見せね~っ!!!!!!


・・・にやにやしながらカバンに近寄るヤツに日本語で叫んださ・・・・。

そしてフリーにしてもいい、とヤツは言ったが
コールセンターのお姉さんに言われたとおり、
”カバンに入れる。”と言う規定を守ってやるんじゃおりゃっ~!

と、頑なになった。

そいつが去ってからやっと
・・・・騙された。アイツのカモにされた・・・・。と気がついた。
アイツのポケットマネーを恵んでやったなんて・・・・・・
ぐやぢぃでふっo(TヘTo)

b0083925_18502020.jpg

今ならもっと戦えたし、カードが使えないなら他の車掌呼んで来い!とか
領収書よこせ!とか言えたはずなのに・・・・・。

当時の自分がいかに弱っていたかと、今振り返っても悲しい。


そして昨日もUPしたけど、その高くついた個室はぜんぜん暖房が効かず
ダウンを着たまま横になり・・・ぴぃぴぃ言うゴンゾウも、
もちろんそんな経緯のなかいつも通りずっと大人しく気配を消していたPECOりんも
朝トイレをさせるため”だけ”にしかカバンから出さなかった・・・・・・・。


そんな思いでようやく着いたパリは雨でまた泣きたくなったことを
鮮明に思い出すなぁ。


イタリア人、いい人もいっぱい。
だけど・・・こういう狡猾なヤツもいっぱい。

ヴェネチアではずっとそういうヤカラに会わず、温かい人としか出会わなかったので
久々に受けたイタリアの負の洗礼に相当凹み・・・当時もブログUPできなかったのです。
b0083925_18505563.jpg

と、行きだけでもこんだけ。
しかも帰りもトラブル発生。
そして実は出発前にも切符トラブルもあったこの時の旅。
まだまだ話題はつきませんが、長くなるのでまた後日。

結果パリに行ったこと事体は本当によかったし・・・
今日の写真のようにヴェネチアはいつだってアタシを温かく受け入れてくれたから
好きです・・・。
でも、思い出して悔しさのあまり、眠れなかった飼い主に
応援のクリックをお願いしますです・・・とほ。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
by mi-piace | 2010-10-13 10:01 | 犬と海外旅行イタリア留学 | Trackback | Comments(15)