カテゴリ:犬と海外旅行 パリ編( 22 )

マカロン三昧も・・・。

先日、わんこを海外に連れて行きたいという方が偶然このブログを見つけて
お店にやってきてくださいました。
もともとこのブログは、
「わんこと一緒に海外に行けたらもっと楽しいのになぁ。」と
考えた方の少しでもお役に立てたらと始めたこと。
なので早速、参考にしていただけてよかったです。
コメントにもドイツへ行きたい!とおっしゃってる方もいて、
フンフンそうだよねとホントに嬉しい。

さて先日パリでのご飯について書きましたが
パリと言えばやっぱりお菓子!
とは言っても、ホント出発前は心配ごとが多すぎてちっとも下調べしてませんでした。
でも唯一、去年パリへ行った友人がいたくマカロンにはまったと言うので
マカロンだけはいっぱい食べよう!と考えてました。

最初に食べたのはサンジェルマンで行列が出来ていたパン屋さんのマカロン。
10cmくらいのおおきなマカロンだったので残念ながら1個しか試せませんでした。
b0083925_1345274.jpg

カフェ味で素朴な味が美味しかった。
次はたまたまお店の前を通ったことで見つけられた
Maison du chocolat。
こちらのマカロンはパリでお世話になったまりこさんへのお土産に買ったところ
「私がパリで一番好きなマカロンです!」とまりこさんに大変喜んでいただきました。
パリ在住4年のまりこさんが言うならと帰国の日、改めて行き
ここも大きいの小さいのとありましたが、ちっちゃいほうを
マカロン好きの友人と自分の分を買い求めました。
b0083925_13494921.jpg

さすが上品で美味しい!
マカロン好きの友人曰く、
「ここのマカロンはマカロン好きの人たちに5つ星で評価されてる」
と聞いてなるほど、なるほど・・・。

マカロン三昧する予定が、結局わざわざ足を止めてまで買うというタイミングもなく
唯一「ここで買うから待ってて!」と旦那さんとPECOを待たせてまで
私を引き付けたお店はこちらでした。
b0083925_1351530.jpg

ここはサンシュルピスに向かう途中で見つけたお店。
有名かどうかは解りませんが、なんだか私のハートをつかみました!
b0083925_13522542.jpg

マカロンもいっぱい種類があります。
ケーキも美味しそう!
b0083925_1354965.jpg

3種類ほど買って、カフェでつまんでみました。
ここのは一番種類があって、お値段もお手ごろでとっても気に入りました。
こんな風に自分のアンテナに引っかかったお店が当たりだと嬉しいですね。

でもやっぱり帰ってきてからすっごく後悔。
まりこさんのブログも、自分が見つけた日からしか読んでいなかったのですが
帰国後貪るように読んでさらに後悔・・・。
こんなに美味しいものがやっぱりあるのよねぇ、と。
なのでこれからパリ行く人は是非とも
パリときどきバブーを見てから行かれてくださいませ!

初めてのパリはイタリア留学中で、伯母とパリで会うため行きました。
だからなのか伯母が連れて行ってくれたのは日本食や
お茶は虎屋・・・。そりゃ美味しいけどね。
2度目は友人とだったのでもちろんアンジェリーナでモンブラン食べました!
で、そのときの写真を捲ってみたら
ラデュレの前で写真撮ってました。
その頃、私は結婚間近の6月だったので、ラデュレのウインドウが結婚式模様になって
いたので、そこがそんなに有名なお菓子屋さんとは知らずに
バチバチ、ウインドウを撮りまくってました。
b0083925_1464211.jpg

当然、そのときも入ってないし、今回も帰国してからマカロンといえばラデュレと
言われてるらしいことを知った次第・・・。
やっぱり多少なりとも調べていかないと
せっかくのチャンスをみすみす逃すことになるのですね。

やっとブログランキングに登録しました。
ぜひわんクリックお願いします!→人気blogランキングへ

こっちも登録しちゃいました。→にほんブログ村 犬ブログへ
by mi-piace | 2006-06-20 14:09 | 犬と海外旅行 パリ編 | Trackback | Comments(2)

そう言えば・・・。

「旅行先での食事、いつもいっぱい話してくれるのに今回ブログに何故記事がないの?」
と、友人に指摘されました。
そういえばそうですね。
パリでの食事はほとんど触れてませんでしたね。

まず、今回の旅行、出発前から、PECOの検査結果やら
チャンピオンズリーグのチケット問題やらで、実は行く前は気もそぞろで
下調べをな~んにもしてませんでした。
いつも海外へ行くときはなんらかのガイドブックを見たりしてます。
が、日本で売られているガイドブックに掲載されてるお店は大概「???」な
ことが多いのですよ。
だから、ヨーロッパに行くときはミシュランを活用したりしています。
ミシュランの1つ星レストラン。
イタリアではハズレたことがありません。
2つ、3つ星あたりになると料理の質だけじゃなく、お店の内装だったりサービスだったり
も含まれるので、料理そのものの満足感は少し私の中で下がります。
(だってお値段もそれなりですから)
その点、1つ星は郷土料理などに秀でているお店が多かったりするので
いつも大変満足です。
一昨年前に行ったバルセロナの1つ星レストランも大変満足のいくものでした。

が、今回、そういう諸事情もありまったく下調べ無し!
それにどちらにしてもリーズナブルをテーマにしていたので
な~んにも調べずにいったら、・・・ねぇ。
これはっ!というものには残念ながら出会えませんでした。
今回のパリ旅行で一番ゴージャスだったのがこちらのお店。
b0083925_14373673.jpg

そう言えば、パリで驚いた(?)のは、イタリアと違ってランチメニュー(ランチセット)が
あるところ。
イタリアでは所謂観光地のツーリスト向けのお店で無い限り、
お昼と夜は一緒のメニューで、ランチがお得ということはありません。
(ただし5年前以上の情報なので今はあるかも?)
だからパリでお得なセットメニューはちょっと嬉しかったなぁ。
で、私たちもお得なお昼のセットにしました。
b0083925_1443508.jpg













b0083925_1444912.jpg
このお店はお魚料理が特に美味しいらしいのですが
またも私はフォアグラに目が釘付けで、フォアグラの
テリーヌ。
旦那さんはお魚のゼリー
よせ。 
これは圧倒的に旦那さんの
チョイスが正解でした。




b0083925_14455033.jpg














b0083925_14461094.jpg
そして、あんまりまともな
食事をする機会が
なかったので
ここはしっかりお肉! 
旦那さんはお肉を
頼んだつもりが
お魚がでてきちゃいました。(苦笑)
お肉も柔らかく煮込んで
美味しかったのですが何分
量が多い!
食べ切れませんでした、
ごめんなさい。

そうそう私たちが通された部屋はたまたま、アーセナルファンとバルサファンがいて
私たちはその間に席が用意されました。
その日はチャンピオンズリーグ決勝翌日。
ワインが運ばれてきたアーセナルファンのテーブル。
すると彼らは立ち上がり、バルサファンのテーブルに向かって
「乾杯!」とグラスを掲げたのでした。
なんと素敵な光景でしょう。
私が見た限り、アーセナルファンは本当に紳士でした。
フーリガンなんているのか?というくらい。
私たちも小さく乾杯して、素敵な時間を過ごしました。

でも今回パリで一番美味しいと思ったのは
ホテル近くのテキトーに入ったお店で食べた鴨料理。
b0083925_14533072.jpg
りんごのジュレがカフェっぽいお店の
ちょっとこじゃれた雰囲気とぴったりで
よかったなぁ。
ギャルソンヌもとってもかわいらしかった!




b0083925_1454094.jpg















↓またこちらのお店もホテル近くで連日大変こんでいたので気になって入ってみました。
b0083925_15194678.jpg

まずなんといっても、値段が安い!
パリは本当に物価が高いので、ここはそれに比べたら大変安く感じます。
まさに下町のビストロ的な存在でおじいちゃんがホールを切り盛りしていたりします。

b0083925_1458516.jpg
エスカルゴ食べました・・・。













b0083925_14592932.jpg












b0083925_14595531.jpg

狭~いお店におっきなおじちゃんやらおばちゃんやらがぎっちり座ってる。
旦那さんはゴムより硬いステーキを食べて帰りました。(苦笑)

前にも書いたかもしれませんが、パリで入ったお店はことごとく味が薄い!
どこも必ず塩コショウがテーブルに置いてあります。
エスカルゴもニンニクの味しかしませんでしたね。
世界的に身体に優しい食事ということで薄味志向なのだそうですが
これはちといただけないかなぁ・・・。
イタリアはどうなってるんだろうか?結構塩味強いからなぁ・・・。

そうそうイタリアンも食べました・・・。
メニューがイタリア語とフランス語の造語みたいな感じでかえって解り難い!
そしてイタリアでもほんとに郷土料理で珍しいパスタがメニューにあったので
迷わずそれを頼むと、まったく違うパスタがでてきちゃいました・・・。
それは確かに美味しかったけど、でもそれはストロッツァプレッティとはいいません。
カネロニです・・・。

パリはとってもイタリアンが多いのも驚きました。
でもメニューは、10数年前のイタリアンブームだった頃の日本みたい。
いわゆる、定番ものしか見当たりません。
やっぱり日本って優秀ですね。
イタリアではフレンチなんて見かけたことが一度も無いだけにびっくりしました。
でもよくよく考えるとイタリア人も結構移民が多いんですよね。
あんなに頑なに自国の文化を守る人種なのに異国で暮らす人が多いのも
よく考えると不思議ですね。

そんなこんなで、今回の旅行では忘れられないほどの食事にはありつけませんでした。
b0083925_15241227.jpg

エスカルゴ専門店。こんなお店も入ってみたかったねぇ・・・。

ようやくブログランキング登録しました。
ぜひわんクリックお願いします!→人気blogランキングへ

こっちも登録しちゃいました。→にほんブログ村 犬ブログへ
by mi-piace | 2006-06-16 15:31 | 犬と海外旅行 パリ編 | Trackback | Comments(0)

パリ 犬事情 その2

パリでは圧倒的にノーリードのわんこが多かったです。
イタリアでもそうでしたが、パリでもみんなよくしつけられているのか
ちゃんと飼い主さんにくっついて吠えたり、噛んだりせずに歩いています。
b0083925_13123874.jpg

えらいなぁ。
ヨーロッパはほとんどどそなのかもしれませんが
子供はダメでも犬はOKがたくさんあります。
レストランやホテル、あのミシュランにも
逆に犬が駄目なところは敢えてその印がついています。(イタリア版はそうでした。)

サイズは日本のように小型犬はあまりいません。
小さいのはヨークシャーテリアがほとんどという印象でした。
まりこさんちのバブー君もハンサムヨーキー。
b0083925_1319213.jpg

日本で流行のチワワもほとんど見かけませんでした。
っていうか1匹見たけど、飼い主さん同様ふくよか過ぎてチワワと解らなかった・・・。
b0083925_13213721.jpg

プードルはいっぱい見ました。
さすが原産国?!
が、まりこさん曰く日本みたいに小さめのトイプードルはあまりいないそうです。
ましてアプリコットなんていうカラーはありえないらしい。
ほとんど白か黒。
b0083925_13251212.jpg

セーヌ河沿いにあるペットショップ通りのある1件。
ちなみにプードルは680euroでした。

そして、ちゃんとサロンでカットしていそうなわんこも少ない・・・。
結構ぼっさぼっさです。
但し、高級ブランドが立ち並ぶあたりにはさすがにセレブな感じの犬多し!
ほんとはいろんなペットグッズのお店なども見たかったのですが
私たちが歩いた通りにはちっともなかった・・・。
私たちがいた期間が暑かったせいか、洋服着てるわんこも見ませんでしたね。

そんなこんなでそりゃPECOりんもてるわけよねぇ。
b0083925_1327274.jpg

「当然でしょ、当然・・・。」

ブログランキング登録してみました。
ぜひわんクリックお願いします!→人気blogランキングへ

こっちも登録しちゃいました。→にほんブログ村 犬ブログへ
by mi-piace | 2006-06-08 13:30 | 犬と海外旅行 パリ編 | Trackback(1) | Comments(4)

収支決算報告書(??)

ワールドカップで盛り上がる今日この頃。
昨日の朝、うちの旦那さんが見た番組では
日本サッカー協会のどなたかが飼っている
勝利を引き寄せるラッキーなダックスくんを
ドイツへ連れて行くというお話をしていたそうです。
そこでは、ダックスくんをカーゴで運ぶのにおよそ30万円(!!!)かかったとのこと。
驚きです。
これを見た方は、うちの子を海外なんて連れてけないわ~と
がっかりされてるでしょう。

でもPECOは収支の収はまったくありませんが、
パリへPECOを連れて行くためにかかった諸費用、もっとお手軽でした。
と、いうことでいくらくらい掛かったかお知らせします。
b0083925_12585030.jpg


まず、何はなくともマイクロチップを埋めなくっては日本に帰ってこられません。
マイクロチップ処置料     ¥ 3,850
狂犬病予防接種  ¥ 1,500×2
採血料 ¥ 500
検疫手数料   ¥ 5,000
狂犬病抗体価測定検査 ¥12,000
検体郵送料 ¥ 950
証明書 ¥ 3,000
診察料 ¥ 2,400×4
フランス獣医診察料 ¥ 6,750 (45euro)
飛行機  行き ¥12,500
帰り  ¥ 0
この外、一様フィラリア検査などしたのでトータルで ¥60,000
そのくらいで行けたということです。

今後、わんこと旅をしてみたい方、ちいさな子ならキャビンに乗れる
航空会社もあるので、よく調べてチャレンジしてみてはいかがですか?

ブログランキング登録してみました!
ぜひ”わんクリック”お願いします→人気blogランキングへ
こっちも登録しちゃいました。→にほんブログ村 犬ブログへ
by mi-piace | 2006-06-08 13:11 | 犬と海外旅行 パリ編 | Trackback | Comments(3)

パリコレ de PECO

b0083925_2305978.jpg

今回、パリで撮影した私のお気に入り・・・。
b0083925_2314951.jpg

地下鉄のベンチとPECOのコントラストが気に入ってます。
b0083925_2324230.jpg

ちょっとアートな感じでしょう??
こちらは旦那さんのお気に入り。↓
b0083925_2334775.jpg


もっともっと素敵なPECOを残したかったけど
いろんな制約があったのでちょっと残念。
でも心の中にたくさんのPECOが・・・。
b0083925_2354160.jpg


ブログランキング登録してみました!
ぜひ”わんクリック”お願いします→人気blogランキングへ

こっちも登録しちゃいました!よろしく”わんクリック”→にほんブログ村 犬ブログへ
by mi-piace | 2006-06-05 23:06 | 犬と海外旅行 パリ編 | Trackback | Comments(0)

そろそろ日本に帰ろうか・・・・。

パリのお話はまだまだ尽きないのですが
とりあえず、帰国しましょうか?
5月19日、23時25分パリ、シャルルドゴールから成田へ。

ここでもフランス人の、「ちゃんとしてる!」に出会いました。
前日、夜ホテルのフロントのおじちゃんが、
「おまえら、明日は何時に発つんだ?」
シャルルドゴールから23時くらいだよ、と答えると
「んじゃ、どうやってそこまで行くんだ?タクシー呼ぶか?」
あ~、そうしてくれるとねぇ、とごちゃごちゃ言ってると
「ここらで流しのタクシーなんざひろっちゃいけねぇ。しかも渋滞もひどいから
 9時5分前にここで(待合室)待ってろ!
 ちゃんと運転手がテーブルをノックするからそしたらでてこい!
 それ以外は駄目だぞ!絶対だぞ!9時5分前だぞ!!!」と、しつっこいくらい。
そして当日本当に9時5分前にきっちり運転手さんは現れたのです。
イタリアじゃホントにマジで考えられない!!
感動すら覚える!
それに決してぼったくらない!

b0083925_23141931.jpg
シャルルドこうしてシャルルドゴール空港へ着きました。
ここに来た方はご存知でしょうが、本当にこの流線型の空港はとても美しいのです。
b0083925_2315463.jpg

とりあえずまずはチェックイン。
すると成田行きはえらい混みようです。
それまでパリ市内でほとんど日本人観光客を見かけなかったので驚きです。
(ま、単に私たちが所謂高級ブランドショップが並ぶ通りに
 足を踏み入れてなかったからなのでしょう。)
特に団体客に手間取っていてなかなか進みません。
挙句私たちのず~っと前に並んでいたカップルは、便変更をしてもらえないか?と
係りに迫られていました。
それによっていったいどんな特典がつくのかは聞こえなかったけど
どちらにしてももう夜も10時。 今から市内に戻ったところでそんなに楽しめないかなぁ?
彼らがどうしたか解りませんが、私たちは目ざとくまったく違うチェックイン場所を
見つけて並びなおし、長蛇の列を横目にさっさとチェックイン。
またPECOりんを量って、料金を払うもの、と思いきや
「あら~、猫?えっ、犬なの?ちっちゃいわねぇ~。」と係りのお姉さんは
それ以上何も言わない。
え、じゃPECOはタダ?
こういうところはさすが適当大国、中途半端なラテン系(まりこさん談)が
嬉しい限りです。
b0083925_23224428.jpg

最後のPECOのおしっこを済ませ、いよいよ搭乗です。
b0083925_23234975.jpg

さよなら、パリ。
b0083925_23241855.jpg

さすがに満席なので行きのように3シートにはなりません。
PECOは座席下にゲージでスタンバイ。
ゲージには豚耳ジャーキーを入れてあげます。

いつもそうですが、行きの機内はわくわく感でちょっとにぎやかですが
帰りは皆さんぐったりですよね。
旦那さん、いつもは機内で眠れないのに今回はよく寝ています。
PECOもずっとおとなしい。
本当に満席なので、途中PECOをかまってあげられませんでしたが
平気そうでした。
そして無事、5月20日、夕方6時30分成田に到着です。
成田に着いたら、荷物をピックアップする前に、
PECOを、書類と共に動物検疫の受付に先に預けます。
b0083925_23291162.jpg

そして荷物をとってから、改めて出発のときにも行った動物検疫所の事務所へ
向かいます。
また、同じように暗証番号を教わって中へ入ります。
もうすでにPECOの書類は確認されており、
軽くPECOのチェックをして、はいお終い! 軽く10分くらいでした。
b0083925_23312912.jpg

その際、係りの方に
「また、今後いろいろわんちゃんと行かれるでしょうが、
 すべてこのような手続きになります。ちなみに抗体検査は2年間有効ですので
 大切になさってくださいね。」と、優しい(?)お言葉!!!
そうなんだ!あんなに出発前にやきもきした狂犬病抗体検査は
きちんと1年に1回、予防接種を受けていれば2年間は有効なんだ!
と、いうことは係りのかたの仰るとおり、今度どこかへ行くときはもっとスムーズなんだ!
ってことは、またまたPECOと行けるんだ~♪
すっかりうきうきです。

とりあえず12時間近いトイレの我慢をしていたPECOを空港の外で
ゲージからだしてあげましたが、ぜんぜんしません。
なので、おうちに帰ることに。
帰りはリムジンバスで帰りました。
バスもタクシーも、相変わらずPECOはとってもよい子に。

そして1週間ぶりの我が家へ。
はぁ~~~、お疲れ様~。
本当にいい子だったね!
本当に楽しかったね!
本当にPECOがいてくれてよかった!

PECOはどうだった?
楽しかったかなぁ?
私のわがままに付き合ってくれたけど、どうだった?
b0083925_2341226.jpg

答えは聞けないけど、私たちはホントに楽しかったよ。
ありがとう、PECO。
ありがとう、パリの皆さん。

また一緒に行こうね!

ブログランキング登録してみました。
ぜひわんクリックお願いします!→人気blogランキングへ

こっちも登録しちゃいました!→にほんブログ村 犬ブログへ
by mi-piace | 2006-06-04 23:46 | 犬と海外旅行 パリ編 | Trackback | Comments(0)

パリを歩けば♪

ヨーロッパの道は楽しいですね。
日本ではなかなか見れない石畳やら、モザイクやら・・・。
b0083925_1252723.jpg
 
サンシュルピス教会の前の石畳はカラフルで素敵・・・。
b0083925_1274262.jpg

高級貴金属店の集まるヴァンドーム広場は整然と・・・。
b0083925_1285226.jpg

銀座でもモンブランが人気のANGELINA。
b0083925_1295425.jpg

前回友人と入ったので今日は見るだけ・・・。
そしてパリに来る前にちょうどフジテレビの番組になっていた
Le Meurice は ANGELINA のお隣です。
今回はグルメ旅はお預けなのでこちらも見るだけ・・・。(苦笑)
b0083925_12131410.jpg

この界隈は高級なお店が多いので、モザイクも見事ですね。
b0083925_12135964.jpg

こんなかわいらしいマンホール、泣いてるの????
b0083925_12144099.jpg

上手な落書き・・・。
b0083925_12171676.jpg














b0083925_1221294.jpg
























こんないろんな表情の道をパリの人は歩いていました。
b0083925_12193344.jpg


ブログランキング登録しちゃいまいた。
ぜひわんクリックお願いします!→人気blogランキングへ

こっちも登録しちゃいました!→にほんブログ村 犬ブログへ
by mi-piace | 2006-06-03 12:23 | 犬と海外旅行 パリ編 | Trackback | Comments(0)

緑、緑、緑・・・。

パリの美しさのひとつに、圧倒的な緑の多さが影響していることは間違いないと
思います。
至る所に公園があり、大きな通りには街路樹の並木が続きます。
大きな通りの歩道も道幅がゆったりとしていて、
およそ10m間隔くらいでベンチが備えられています。
そこは旅行者にもパリっ子にも素敵な空間です。
b0083925_14253725.jpg

パリ最後の日、PECOに必要な書類にハンコをいただきにいった近くに
ビュット・ショーモン公園というのがありました。
せっかくなのでちょっとよってく?と入ってみたら
なんともんのすごく広いぢゃないですか!
井の頭公園なんてレベルぢゃないっ!!
b0083925_14123644.jpg

池あり、滝あり・・・。 とにかく広い!
すり鉢状になった公園は起伏があるので、ちょっとしたハイキングにも最適な感じです。
たくさんの人が散歩をしたりジョギングしたり。
わんこもいっぱいです。
b0083925_14171957.jpg

PECOぢゃありませんよ。↑
b0083925_1418088.jpg

ここではもちろん大概の犬がノーリードです。
街中でもホントにノーリード、多いです。
ちゃんとくっついてくるのも凄いけど、信号やら車やら心配じゃないのかしら?
PECOと私にはできない芸当だ・・・。
ここでもノーリードのわんこにいっぱい追っかけまわされ。
もっとゆっくりしたかったのですが、なんせこの日は天気予報どおり寒い!
飼い主が我慢しきれず早々に引き上げました。
b0083925_14212722.jpg

こんな公園はほんとにざらにあります。
ちなみに子供用遊戯道具があるような公園は犬禁マークがついていました。
b0083925_14224432.jpg

こちらはルーブルからシャンゼリゼに続くチュイルリー公園。
こちらも広大で美しい・・・。
b0083925_14241298.jpg

ここはエッフェル塔がよく見えるシャンドマルス。
b0083925_1426197.jpg

ちょっとした小さな路地でもこの通り・・・。

とっても華やかで、人種のるつぼで、お洒落なものや美味しいものがたくさんある
パリをさらに美しく演出する緑。
だからこそ人も犬も心豊かに暮らせるのですね・・・。

ブログランキング登録してみました。
ぜひわんクリックお願いします!→人気blogランキングへ

こっちも登録しちゃいました!→にほんブログ村 犬ブログへ
by mi-piace | 2006-06-02 14:30 | 犬と海外旅行 パリ編 | Trackback | Comments(1)

ダヴィンチ・コード その2

イタリアのお役所仕事を想定してすっごく早く、行動開始したため
まだまだパリ最後の時間はいっぱい残っています。

でも、今日までさんざん、天気予報に反してめっちゃめちゃよいお天気だったので
今日もそうに違いないとたかをくくっていたら
なんと、今日はほんとにうす曇。 そして寒いではないですか・・・。
それでもきっと午後からはまた回復するよ!と信じていたのですが
さすがワタクシ雨女!
世界中、どこへ行っても必ず1日は雨を降らすことで有名(?)です。
天気予報通り、いや雨女効果なのか、たまにさ~っと雨がきます。
でもこちらの雨はすぐに止み、道もすぐに乾きます。
なので途中、ちょこっと木立などの下にいればそんなに心配いりません。

そんな中、ダヴィンチコードにも
でてくる重要なスポット。
サンシュルピスの近くまで
きたので、雨宿りも兼ねて
行ってみました。
b0083925_14352769.jpg










教会の中にはヨーロッパ最大のパイプオルガンがあります。
b0083925_14354880.jpg

そしてこれが本の中にでてくるローズライン。
b0083925_1437240.jpg

本の影響なのかもともとなのかは解りませんが、結構たくさんの人が見に来ていました。
b0083925_14375811.jpg

それにしても私は信者でもなんでもありませんが
やはり教会は好きです。
あの静かに張り詰めた空気と夏でも冬でも、心地よい室温に感じる空間。
心がとても穏やかに静まる感覚があります。
b0083925_14395624.jpg

私はこの教会が気に入りました。
ノートルダムは何度行っても、イマイチな感じなのですが
ここは好きです。

教会をでると雨は止んでいました。
広場の大きな噴水。 水好きのPECOを近づけてみたけど・・・。
b0083925_14435915.jpg

立派なライオンさんに気おされていました・・・。

ブログランキング登録しちゃいました。
ぜひわんクリックお願いします!→人気blogランキングへ

こっちも登録しちゃいました!→にほんブログ村 犬ブログへ
by mi-piace | 2006-06-01 14:46 | 犬と海外旅行 パリ編 | Trackback | Comments(2)

パリのお役所。

5月19日。
今日の夜はいよいよ帰国です。
その前に重要なお仕事、PECOが日本に再入国するために必要な書類に
フランス政府公認のお役所でハンコをいただかなくてはなりません。

地下鉄で最寄り駅まで行きますと、そこは静かな住宅街。
坂道を上がったところにお役所らしき高~いビルが建っています。
あれに、間違いない!っと意気揚々のぼっていくと・・・。
そこはただのマンションらしい・・・。
まりこさんに教えていただいた住所の通りを進んでいくと
b0083925_14165263.jpg

えっ?ここなの???
というくらい簡素なつくり。
恐る恐る入ってみると、受付らしきものが・・・。
でも皆さん普通にボンジュー、と無表情にほれほれあっちだよとばかりに手をひらひら。
振り返ると、金属探知機が・・・。
またも恐る恐るくぐってみると、案の定ピンポーン、と高らかに。
でも係りのおじちゃんは何もチェックせず、受付同様、手をひらひらと
あっちあっちと、支持するだけ。
で、指差されたほうに行ってみたら、いくつかオフィスのようなものが並んでおり
みんな廊下でおしゃべりしてます。
いっせいにこちらを振り返り、PECOをみるなり大騒ぎ。
やれかわいいだのちいさいだの、いつもの攻撃です。
で、ひととおり皆さんの気持ちが治まったところで
オフィスのひとつに迎え入れられました。
日本で揃えた書類、昨日パリの獣医さんにもらった書類を
みせるとフンフンと、係りのおばちゃまはさくさくPCにPECOの情報を・・・。
またもフランス語ができないとわかると、簡単な英語で話してくださいました。
「大丈夫、日本向けにあたしはい~っぱい、この書類かいてるから慣れてるのよ~♪」と
実に手際よく書いてくださいまいた。
b0083925_14254753.jpg

ほんとイタリアでは考えられにゃい!!!
お役所で、すぐに話が通じて、しかも的確に処理してくださるなんてぇ~っ!!!
凄すぎ!フランス!!!

で、
これまたいとも簡単にものの
10分程度で済んじゃったので
記念写真をお願いしました。
b0083925_1426181.jpg


これでもうなんの心配もありません。
後は23時30分の飛行機までの残り時間を存分に楽しむのみ!

こっちも登録しちゃいました!→にほんブログ村 犬ブログへ
by mi-piace | 2006-06-01 14:29 | 犬と海外旅行 パリ編 | Trackback | Comments(1)