いよいよチャンピオンズリーグ決勝!!!

このパリ旅行を決めた最大のイベント、チャンピオンズリーグ決勝が
今日5月17日、パリのスタッドドゥフランスで行われます。

私たちがパリに着いた日から、パリ市内ではチャンピオンズリーグの
イベントを開催していました。
b0083925_142949.jpg

凱旋門へ続くシャンゼリゼ通りにも・・・。
トロカデロ宮殿広場ではフェスティバル。
b0083925_144509.jpg

74年W杯からクライフ大好き・・・。
b0083925_145196.jpg

レプリカだけど嬉しい記念すべき50回目のビックイヤー!
b0083925_146052.jpg

b0083925_14630100.jpg

フェスティバルスタッフにも大人気のPECOりん。

私たちはチケットを持っていないので、午前中からスタジアムへ出かけ
チケットゲット作戦です。
b0083925_14301214.jpg

ま、この辺の事情はすでにUP済みでちょっと悲しいお話なので割愛します。
ご覧になりたい方は 「涙の雨」をどうぞ・・・。

スタジアムへはパリ市内から3通りの行き方があり
最寄駅も3つあります。
すでに駅の切符売り場にはバルサファンもアーセナルファンも並んでいます。
3つのうちどれが一番便利か切符売り場のお姉さんに尋ねると
これがいいよ、とPER B線を教えてくれました。
パリ北駅から1つ目の駅なのでとても近いです。

さて今日の天気予報は曇り、雨で気温もあまりあがらなそう。
なので厚着してきてみると、なんだよ!暑いぢゃん!!!
午前中とはいえ、スタジアム付近にはすでに各サポーター集結中。
チケットを探している人もたくさん見かけます。
いろんな要素が重なった今回の試合はほんとに驚くくらいのプラチナチケット。
とりあえず、スタジアム周辺でこのお祭り気分を味わうことに・・・。
b0083925_14174261.jpg

W杯フランス大会の行われたスタジアムなので大きくて綺麗です。
b0083925_14185351.jpg

スタジアム近くのカフェはアーセナルサポーターで埋め尽くされてる・・・。
じゃ、いったいバルサファンはどこに?と思っていたら
駅付近の広場がバルサ村(??)でした。b0083925_14232684.jpg
鼻息荒く、そちらへ行けば、芝生でのんびり
くつろぐ人々。
時折誰ともなくイムノを
歌い始めて
みんなで大合唱!
もうそこにいるだけで
幸せ・・・。







見渡す限りのバルササポーター。b0083925_14214540.jpg












b0083925_1422749.jpg













b0083925_142488.jpg
PECOも大人気!







b0083925_14244420.jpg
















日本から来たと言うと、一様に喜んでくれ、
旦那さんも写真攻撃されてました。
b0083925_1426396.jpg






そしてなんと!
ロナウジーニョ好きの犬、発見!!!
b0083925_1427341.jpg

むこうは、「おい!日本の犬よ、なかなかやるのう」とばかりに駆け寄ってきますが
PECOはへたれのビビリなので、ちゃんとご挨拶できませんでした・・・。

そんなこんなで、スタジアムで試合は観れませんでしたが
その場の空気はとっても堪能しました。
ただとっても日差しが強かったので、夫婦ともに真っ黒に日焼け・・・。
きっと帰ったらホントにパリ行ったんかい?と聞かれること間違いなしな焼けっぷり!

私たちのホテル付近は完全アーセナルサイドで完全アウェイでしたが
スタジアムでも、街中でもアーセナルサポーターはとっても紳士でした。
フーリガンやばいっすよ!と来る前にバイトくんに脅されていたので
多少びびっていたのですが、ちっともそんなことありませんでした。

本当に皆、幸せそうで、やっぱり、その空気を吸えただけでも嬉しい!
結局試合観戦は、ホテルで・・・。
我が家と同じサイズの小さなTVですが、他の部屋からも試合を観戦している声が聞こえ
それなりに臨場感あり!

b0083925_14374714.jpg

優勝決まった~っ!!!
b0083925_14382666.jpg

ビックイヤーの代わりに・・・。 チャ~ンピオ~ン♪♪

b0083925_14501186.jpg



ブログランキングやっと登録してみました。
ぜひわんクリックお願いします!→人気blogランキングへ

こっちも登録しちゃいました!→にほんブログ村 犬ブログへ
# by mi-piace | 2006-05-25 07:00 | 犬と海外旅行 パリ編 | Trackback | Comments(0)

バブー君との出会い。 ちょっとお話長いですよ・・・。

5月16日。
パリに来る前、PECOに必要なエンドースメントをもらうのに、どこへ行ったらよいのか
事前に調べておきたくて、ネットでずいぶん、探してみました。
イタリアではお役所でも、本当にテキトーです。
ズラ~っと窓口に人が並んでいても、係りの人間は隣の人と、
なにやらべらべらしゃべっていて一向に進まない。
挙句、時間が来ると、そういうとこだけキッチリと、
「はいっ、今日はおしまいっ!!」とばかりに
どれほどの人が待っていようと、窓口を閉めてしまう。
翌日もその繰り返し・・・。 そうかと思うとその次の日は、
何故か白人とその他人種の列を分けてみて、
白人ばっかりが進むのを横目で見ながら途方にくれると
日本人だけこっちゃこい、と手招きして特別扱いされたりする。
もう本当に適当で、まったく予定なんてたたないのです。
だからフランスも同じラテン系、もしそんなだったら、大変困るのです。
タイトなスケジュールでもしそんな目にあうと、PECOが日本に再入国できなくなるから
これはもう私にとって最大の難問でした。

藁にもすがる思いで、パリに住んでいる方が書いているブログをみては
片っ端から数名の方にメールを送りました。
そんななか、たいへん親切にお返事をくださったのが
以前こちらでも紹介した
パリときどきバブーのまりこさんでした。
まりこさんはご丁寧に、わざわざ検疫所まで出向いてくださり
当時、そこにあるといわれていた住所にないことを知り、
わざわざ新しい場所まで調べてくださいました。
予約がいるかどうかも、電話などして確認してくださったりと
本当にありがたかったのです。
そのお陰で、安心してパリへPECOを連れていくことができたのです。

そんなまりこさんにはかわいいヨーキーのバブー君という家族がいます。
パリではぜひお会いしたいと思っていたところ、今日の夜時間が取れるとのことで
ポンデサール橋で待ち合わせです。
b0083925_14315142.jpg

この橋もアメリにでてくる木でできた素敵な橋です。
そこにバブー君と、まりこさんの彼、勇樹君が佇んでいました。
なんと絵になることでしょう!
ハンサムな彼をみて、まりこさんへの期待も膨らみます。
実はイタリアで出会った日本人、結構曲者が多いのです。
(あ、これを見てるアタシの知人たち、ごめんよ~。)
はっきりいうと美人はいない!(もちろんアタシも含めてですよっ。)
どちらかというと個性的な人が圧倒的。
ブログから想像するまりこさんは、とっても感じのよい若い方。
だけど、パリに長く住んでメイクアップアーティストとして活躍してらっしゃるから
もしかして実際はすっごいおばさんだったらどうしよう、とか
ちょっといかれてる人だったらどうしようとか、考えていただけに
彼の爽やかさは、ほっと安心できるものでした。
そしてバブー君かわいい!!!
が、PECOの犬嫌い大炸裂で、バブー君がかわいそう・・・。
ほんと、あんた失礼だよっっ!!!

そして仕事帰りのまりこさん、登場!
想像以上に素敵!!
さすがメイクさん、肌がきれい! もちろん顔もすっごく綺麗!
ほんとにお似合いのカップルです。

まりこさんに連れられて、ルーブル近くの素敵なカフェへ。
さすが地元っ子、おしゃれな場所を知ってます。
せっかく素敵だったので写真撮っとけばよかったのに
あまりにまりこさんたちとの会話が楽しくって忘れてしまいました(苦笑)

私たちはいかにパリが素敵かを語り、
まりこさんたちはいかにイタリアが素晴らしかったかを語り、
お互いに、住むと見るとじゃ大違いなことを確認しました。
でも、私はやっぱりサンジェルマン界隈でみかけたパリジャンのほうが
イタリア伊達男よりかっこいいと今でも信じてる!
まりこさんと勇樹君いわく、きっとそれはフランス人じゃないか、ハーフだっ!と
断言してましたが・・・・。

でも本当にパリはイタリアと比べたらキチンとしてます。
犬のう○ち問題も酷く取りざたされていたので、どれほどひどいのかと思いきや
実際、イタリアのほうがあきらかに多い!(ただし10年前の情報ですが・・・。)
それこそ10年以上前、初めてパリに来たのは私がイタリア留学中のことでした。
当時、本当にイタリアのすべてにイライラしていた私にとって
パリのすべてが美しく華やかで、やさしいものに感じました。
もちろん今ではイタリアも大好きですが、パリはやっぱり魅力的。

お店も圧倒的にパリのほうがお洒落です。
イタリアはファッションというイメージですが、私からすると
イタリアのファッションはマニッシュすぎます。
いわゆる雑貨やさんなどもなく、それぞれ個々のお店に買いにいくという感じでした。
その点、パリのファッションは程よくかわいらしさが入ったものですし
お洒落な雑貨屋さんもたくさんあります。
イタリア男は確かにかっこよいですが、私にはちょっと濃すぎ。
イタリアマダムは、ちょっと怖いし・・・。
でもパリは程よい濃さだったり、かわいらしいお婆ちゃんがいたり・・・。

まりこさんたちいわく、犬連れだから優しいんですよ、と言ってましたが
10数年前に訪れたときも、まったくフランス語も話せない、英語もおぼつかない
私に、フランスの人はとっても親切でした。
2度ともそうでした。
そして今回も・・・。
フランス人に馬鹿にされた態度など1度もとられたことがないので
本当にパリはいつでも素敵な印象です。

そうは言っても、やはり生活しているお二人にとっては
いろいろ不満もあることはよく解ります。
それこそイタリアにいるころ、旅行に来た友人は喜んでいましたが
私たちは嫌な思いも散々しましたから・・・。

とにかく、楽しい会話が続きます。
そして何より、まりこさんが
「PECO、パリまで来てくれてありがとう!」ととっても喜んでくださったことが
本当に嬉しかった!
実際、長距離飛行機にのせてまでわざわざ連れて来なくても、と思う人もいる中
まりこさんと勇樹君は手放しで喜んでくださった優しさが嬉しかった!

こんな素敵な二人&バブーくんとの時間はあっという間に過ぎてしまい
お別れのときが・・・。
見ず知らずの人間のため、時間と労力を割いてくださり、
ご自宅に夕食まで招待してくれた(時間があわず行けなかったのですが)
優しいお二人に本当に感謝です。
一昨年、バルセロナでも、とってもお世話になったかたがいました。
海外で暮らす日本人は何故こんなにもやさしいのでしょう?

PECOもせっかくバブーくんと会えたのに、もうちょっと仲良くできればよかったのに・・・。
バブーくん、ごめんね。

b0083925_1594766.jpg


そうそう、こんなに素敵なお店なのにお会計も安かったのがまた驚きでした!
どこでもパリのカフェは高いのに、こんなに素敵で、ルーブル目の前の
好立地なのに、こんな値段でよいのでしょうか?という感じ。
お店の名前すら忘れちゃいましたが、またまりこさんに確認するとしよう。
偶然、土産で買っていったMAISON DU CHOCOLATのマカロン、
まりこさんのパリ一押しマカロンだったそうで、何より!
マカロン好きの友人にも買ってかえろっと♪
b0083925_15155976.jpg


ブログランキングやっと登録してみました。
ぜひわんクリックお願いします!→人気blogランキングへ

こっちも登録しちゃいました!→にほんブログ村 犬ブログへ
# by mi-piace | 2006-05-25 05:00 | 犬と海外旅行 パリ編 | Trackback | Comments(0)

やっぱり素敵・・・。

5月16日。
今日はお洒落な人がイメージするもっともパリらしい場所、サンジェルマン方面へ・・・。
イタリアでもそうですが、パリはより、はっきりとその地域であったり
通りごとだったり、ブロックごとにカラーがはっきり分かれています。
ここまで解りやすいのは、なかなか珍しいのではないでしょうか?
大きな長い通りだと1ブロックごとに、違う様相です。
黒人ばかりが集うブロック、パキスタン、インド系が集うブロック、娼婦が多いブロック。
もちろん高級ブランド店ばかりが並ぶ通りや、若者が集う通り。
小さな通りも、ここは日本食が圧倒的に多い、とかイタリアンが並んでる、
本屋さんばかり、子供用品屋さんばかり、ここは文具だ
といった感じです。
私は今回本当にあまり予備知識なく、PECOと気ままに歩いて
そんな風景を楽しみたいと思っていたので、本当に飽きません。

そして何より、カフェの多さにはホントにびっくりです。
イタリアのBARもいっぱいありますが
パリのカフェははっきり言ってすっごく高いのに
いっぱ~いあって、尚且つ何軒も並んでいたりする・・・。
そしてどこもそこそこ入っていたりもするし、明らかに1件だけ暇そうなんていうのも
あります。
b0083925_15244074.jpg

ここはバスチーユ広場のカフェ。
店内もかなりお洒落で、お値段も高級でした。(笑)
だからなのかほとんどの人がエスプレッソのみで過ごしています。
b0083925_15261789.jpg

こちらはサンジェルマンのカフェ。
時間的にもお昼時なので皆さん、主にお食事しています。
こちらのカフェは、普通にしっかり目の食事ができるのもびっくりでした。
イタリアのBARはホントに軽食なので、ステーキとかが食べれるなんて意外です。

私たちは質素旅行なので、このおっしゃれ~なマダムやムッシューが集うお店でなんか
食事できるはずもなく、ここの近くに、すごい行列のできているパン屋さんで
サンドイッチやマカロンを買い、優雅なカフェをバックに、ベンチでお昼です。
b0083925_1530087.jpg結構安くて美味しい・・・。











マカロンも大きい!b0083925_15312666.jpg














やっぱりサンジェルマンはお洒落な人がたいへん多いです。
眺めているだけて楽しい!
すっごいかっこいい人も多くって写真に収めたいくらいでした。
(実は気がちっちゃいので、そういうときにずうずうしくお願いできない・・・。)
偶然見つけた
LA MAISON DU CHOCOLAT。
東京では一度も買ったことがないので入ってみます。
昨年、パリにきた友人がすっかりマカロンにはまったとのことなので
マカロンとチョコレートを買ってみます。
マカロンは今夜お会いする予定のまりこさんへのお土産です。
b0083925_1536355.jpg















そちらの店員さんも素敵だったので、
写真を1枚。
b0083925_15371367.jpg

チョコレートショップの内装とばっちり決まったチョコレート色の制服がいい感じ・・・。

またテクテク歩いていくとこんなもの発見!
b0083925_15384975.jpg

ちょっと解りにくいですが、犬用にお水が湧き出た一角が・・・。
b0083925_15393921.jpg

さすがだ!犬天国パリ!!!

ブログランキングやっと登録してみました。
ぜひわんクリックお願いします!→人気blogランキングへ

こっちも登録しちゃいました!→にほんブログ村 犬ブログへ
# by mi-piace | 2006-05-25 04:00 | 犬と海外旅行 パリ編 | Trackback(1) | Comments(1)

ダヴィンチ・コード

パリ3度目にして初めてルーブル美術館へ足を踏み入れる・・・。
PECOをこっそりバックに入れて連れて行きたかったのですが
昨年、ルーブルにきた友人が、セキュリティーチェックのゲートがあるよ、と
言っていたので、仕方ない。
PECOはしばしお留守番だよ。
b0083925_2350899.jpg

え~っ、そんなぁ。

昨日の日曜日は入場料がタダなのですっごい人が並んでいたのですが
セキュリティーゲートを抜けるとチケット売り場はたくさんあり、
わりとすんなり入れることに・・・。
まずは昨夜ご飯を食べ損ねたのでルーブルのカフェへ・・・。
b0083925_23552722.jpgまだパリへ来てから一度も食べていないクロワッサンを頬張ってみました。
うん、美味しい。
旦那さんの頼んだホットドックは、温かいバケットにソーセージがはさんであって
とってもいい感じです。





今、話題のダヴィンチコードの舞台は主にデュノン翼。
と、いうことでそちらから入ってみることに・・・。
b0083925_23514669.jpg

すると、そこにはば~んと「サモトラケのニケ」が・・・。
思わずうなる。展示の仕方、演出がうまいなぁ。
そして、主人公が夜のルーブルを歩いて、死体のところまで・・・。
b0083925_014636.jpg

これがグランドギャラリーです。
もうそりゃ噂には聞いていたけど、ほんとにすごい数の名画が
これでもか、これでもかと展示されています。
そしてダヴィンチ最高傑作といわれるモナリザの部屋へ。
こちらは撮影禁止です。
見た人が一様に意外と小さいと、言っていたのでどれほどちっちゃいのかと思いきや
「そうでもないぢゃん。」が私の印象でした。
旦那さんはおよそ30年前、上野にモナリザが来たときに見たから
おまえじっくり見て来いとのことで、私だけ真正面に陣取り目に焼き付けてきました。


広い中庭では修復を待つ
数々の彫刻たちと思われる
ものがいっぱい・・・。b0083925_120319.jpg














b0083925_117117.jpg


そしてこちらも
ダヴィンチコードで
重要なシーンのひとつとなる
逆さピラミッド。
本の影響か
皆写真を撮ってました。





パリに発つ前にタイミングよくダヴィンチコードを貸してくれた友人に感謝。
いや~、しっかし広すぎてかなりくたびれちゃいました。
途中、ルーブル美術館のテラスでお茶をし、ホテルで待つPECOのもとへ帰ります。

が、ここでトラブル。
地下鉄の切符を買おうと並んでいると、怪しげな人物が
2枚で2euroで売るよ、と声をかけてきました。
通常1枚1,4euro。
ま、いっかとそれを買って中に入ります。
そういえばおよそ10年前のイタリアでは、地下鉄など自動改札があっても
磁気などがついていないので、1枚切符を買うと何度でも同じものを通して使えました。
(もちろん違反です!)
なのでパリでもそうかと思ったら、ちゃんと1度自動改札を通したものははじかれます。
途中、乗り換え駅で地下道を歩いていると
なにやら制服をきた人たちが、切符のチェックをしています。
もちろん私たちもどうどうと買った切符を差し出すと
フランス語で何か言っています。
ぽかんとしてると英語で「これは子供用だ!」と・・・。
挙句、罰金25euro払えと言っています。
でも私たちがしどろもどろしているとパスポート見せろといわれ
差し出すと、つい2日前に入国したことが確認されました。
それでその人たちも旅行者じゃ仕方ないなとあきらめて許してくれました。
そうなんですよ、チャンピオンズリーグチケット以前に
こんなセコイ詐欺にもあっていたのですよっ!!!
やっぱり私たち馬鹿だわ・・・。

でも何よりよかったのは、やはり以前住んでいたイタリアだと
日本人が入国するときはパスポートに入国のスタンプすら押してくれないので
このような事件に出くわしたときに、言い訳がたちません。
(ま、これも10年前なので今は解りません。)
適当大国フランスと聞いていましたが案外、きちっとしてるというのが
私たちの印象です。
だってルーブルのチケットも自販機がいっぱいあって、しかもきちんと使える!
地下鉄の自販機もきちっと動く!!!
その他にもイタリアでは考えられないことがフランスでは普通に行われていて
それはその都度UPしますが、とにかく驚きでした。

さ、早くPECOりんのもとへ帰って、午後のお散歩へでかけよっと!

ブログランキングやっと登録してみました。
ぜひわんクリックお願いします!→人気blogランキングへ

こっちも登録しちゃいました!→にほんブログ村 犬ブログへ
# by mi-piace | 2006-05-25 03:00 | 犬と海外旅行 パリ編 | Trackback | Comments(1)

今度はアメリ・・・。

5月14日。 いったんホテルでPECOをピックアップしてから
今度はアメリの舞台となったモンマルトルへ向かいます。
が、3度目のパリだったり、ヨーロッパの観光インフォメーションがくれる地図には
すべての通りの名前が書いてあって便利なので、まったくガイドブックを
日本から持ってきませんでした。 
一様、出発前に図書館で借りて目は通しましたけど・・・。
そういえば「Aiken Champ」の取材の方も
「え~っ、ガイドブックお持ちにならないんですか?かっこいいですねぇ。」
などと感心されてましたっけ・・・。
とにかくそういうことでアメリちゃんが働いていたカフェなどには辿り着けませんでした。
今、思えばちゃんと調べておけばよかったかなぁ。
だいたい実はアメリを見たのも出発1週間前。
もちろんず~っと前から見たかったのですが、何故か見損ねていたので・・・。

PECO、初めて地下鉄に乗ります。
b0083925_0325137.jpg

見かけた犬はリードをつないで普通にそのまま乗ってました。
さすが犬天国!
b0083925_034216.jpg

唯一、数箇所地上にでる駅のひとつで・・・。
何故、おじさん仁王立ちなの???
b0083925_0353884.jpg

他の犬がそうだったので、PECOもそのままチャレンジです。

そういえばまたまたイタリアと比べて、パリの地下鉄はとっても安全な気がします。
ローマでも、ミラノでも、必ず怪しげな奴や、ジプシーがうじゃうじゃいて
実際、バックに手を入れられたことも何度もあります。
が、パリではちっとも、そんな危険な空気が感じられません。
あ、バルセロナでもアタシ、やられたな。未遂だったけど・・・。
アタシはいっつもジプシーとかに狙われます。
でもパリはホントに安全です。

さぁ、モンマルトルにつきました。
アメリちゃんの足跡は追えないので、普通にモンマルトル寺院を見学。
今日もやったら暑いです!
b0083925_0393329.jpg

b0083925_0412925.jpg

途中、恒例放し飼い犬のジェシーくんに痛く気に入られたPECO。
ジェシーくん、何度飼い主さんが呼んでも、すぐPECOのところへ戻ってきちゃいます。
b0083925_0443258.jpg

PECOはもともと東京でも犬が苦手。
なのにパリでも放し飼いの犬たちに大人気でどこでも追いかけられます。
あまりのことにPECOがおびえちゃって、そんな面白写真は撮れませんでしたが、
ホントにパリでも、東京でも、犬にも人にも大大大人気!!!b0083925_12199.jpg
昨日もシャンゼリゼでたくさんの人に声をかけられ、
おばさまからは
「こんなかわいい子、
泥棒されるからもっとしっかり
持ってなくっちゃ駄目よ!」
(と、たぶん言っていた。
実際子犬が盗まれるということはあるらしいです。)
と、お叱りをうけ、
PECOもその形相にのけぞってました・・・。

b0083925_0505672.jpg
←昔のムーランルージュ。
柱ぢゃまだしっ!!!



b0083925_0514370.jpg



           今のムーランルージュ。→




b0083925_053304.jpg

はぁ~、疲れたし・・・。
こうしてモンマルトルを去り、オペラ座を眺め、ホテルへ帰ります。
b0083925_0542648.jpg


ブログランキングやっと登録してみました。
ぜひわんクリックお願いします!→人気blogランキングへ

こっちも登録しちゃいました!→にほんブログ村 犬ブログへ
# by mi-piace | 2006-05-25 02:00 | 犬と海外旅行 パリ編 | Trackback(2) | Comments(1)