まだまだ続くよ、イタリア列車トラブルネタ♪

昨日、一昨日と続いている寝台夜行列車で巻き込まれちゃったトラブルあれこれ。

まーーーーだ引き摺るこのネタを今日もお届けしまーす(´ ▽`).。♪
b0083925_17244160.jpg

イタリアのお役所仕事から町のお店や日常関わる様々な場所。

日本では考えられない不具合がいっぱい生じます
国鉄から民営化されたtrenitaliaも当然のことながらそのひとつ。


遅延なんかは世界に名だたるほどの有名さ。
だけど・・・これはかなり改善されてるなぁ・・・ってアタシは思います。

そしてITのこの世の中。
イタリアだっていつまでもアナログではいられない。
trenitaliaだってずいぶんと進化していてビックリです。

かなり昔からあった切符の自販機。
これは以前にも何度かブログネタにしてますがあまり使われているところを見たことがない。
b0083925_1724024.jpg

窓口がすんご~い混雑していて、自販機がガラガラであっても
あまりそちらに流れない。
もちろん窓口で質問とかしたかったりもするんだろうけど・・・
アタシの個人的見解からすれば
誰も自販機を信用していないっ!!!!( ̄ー ̄;

けどね・・・アタシは何度か、いやほぼこれを使ってますが
問題があったことはないです、今のところ。

だから窓口大行列を見ると・・・「バカねぇ。」と鼻で笑って涼しい顔して買ってホームへと。

そしてtrenitaliaのWEBサイト。
これも随分便利。
時刻表も解るし切符の値段も解る。

そしてすべてではないけれどほとんどのチケットをWEBサイトで購入できます。
以前は予約をサイトでしておいて駅の自販機で発券、って感じでしたが
今では予約の際に発行されるコード番号を携帯メールにも送ってくれるし
そのメールを車掌に見せればチケットレスで乗れるわけです。
これも乗る列車によってできるものとできないものはありますが・・・
おそらく旅行者がもっとも利用するようなタイプの列車ではほぼ可能です。
何とも便利!

ちょっと不安な部分もあるけれど(だってそこはイタリアですからっ!)
恐る恐るそのチケットレスもチャレンジしたら・・・
わぁお、簡単!
本当に検札に来たら颯爽と携帯を取り出してメールをどうだ!と見せるだけ。

自販機でもトラブルなく、チケットレスも体験済み。
b0083925_17251973.jpg

これはいい!ってことで
問題のヴェネチア-パリ間の寝台夜行列車のチケットもWEBサイトで取ることに。

サイトは英語表記もあるので言葉が心配ならそちらから。

乗る駅、降りる駅、日付を入れてクリックすれば
希望の列車が表示されます。
料金も書いてあります。

乗りたい列車にチェックを入れ、進んでいきます。

うん、順調順調。(^▽^)/

ところが!
ヴェネチア-パリ、まず往復が買えない!
何故?????
帰りはフランスから乗車するから??????
いろいろチャレンジするもどうしても・・・買えない・・・・。

イタリア国内なら片道か往復か選べるのですが・・・
このヴェネチアーパリのは途中までうまくいくのに
途中から何故かエラー・・・・・・・・・・・・・・・・・( ̄▽ ̄;)!!。

むむむ。

仕方ない・・・パリのtonomariちゃんにその旨を話し
パリからの帰りのチケットは彼女に買っておいてもらうことに・・・・。
b0083925_17255953.jpg

そして・・・気を取り直して
片道で・・・ヴェネチア発で・・・パリ着でぇ・・・・2月の~にじゅうよっかぁ。
えい!クリック!!!ヽ(=´▽`=)ノ

今度は一等車と二等車、どっちのる?と聞いてくるので
迷わず2等でおねがいしまっす!とチョイス。

するとあれこれ料金のチョイスボックスが出てきます。
発券後も無料で予約変更できるものや
ユーレイルパスなんかを持ってる人用のものや
事前割引などなど・・・。

アタシは恩恵に預かれるモノは何もなかったので
予約変更も可能な、まぁノーマルなチケット!

で、今度は何人部屋にする?と聞いてきます。
6人はちょいと窮屈そうだし
個室はどうしたって経済的に無理・・・そりゃもう4人だわさ!
しかも女性限定ねっ!とクリック。

料金も表示され、よしよしOK!と
さらに予約を進めます。

そして決済の画面。

しかしこれが・・・・・・何度入れても・・・・・エラー。

仕方が無いのでまた①からややり直しっ!

それが・・・・・もう何度も何度も何度やってもっ!
どうしても決済のページでエラー。

うっき~っ!!!!!!!!!!!!!!!!゛(`ヘ´#)

何度も何度も何度も何度も 何度も繰り返す!

でも答えはいっしょ。ε~( ̄、 ̄;)

使ってるカードの不具合?!と違うカードも使ってみるもやっぱりエラー。


むっき~~~っ!
たぶん・・・・・3時間以上かるく粘ってみた。
背中がガッチガチになるまで頑張ってみた。

だけど・・・・・待てよ???ここはイタリア!!!!!
これまでの予約エラーとか言いながら・・・何度もカード番号聞かれてるし
チケットもらえないのに勝手に決済されちゃうんぢゃね????と不安が襲ってきて。。。

ネットでイタリアの鉄道予約、で検索をかけると・・・・
出るわ出るわ・・・・
どうしても決済できない、と旅のコミュで泣きついているコメント!

こ・・・こんなにコマっている人たちが~っ!

ちょっと呆然・・・・・・・。
b0083925_17263557.jpg


だけど・・・・ここを乗り越えなければ!

ってかね、ほんとはそこで諦めて駅窓口まで買いにいけばよかったとは思うんですよ?
だけどね・・・もう何て言うか・・・・意地?!(´ー`)┌フッ

それで再度チャレーーーーーンジ!また3回くらい繰り返していたら・・・

「メールが届きました。」とメッセージが入り・・・
そして見ると何と予約が入っているではないかーーーーーっ!


ほっと一安心・・・と思うのもつかの間。
いったいどの時点で予約が入ったのか・・・・解らない。
だって・・・・ずっとエラー画面で終わってるのに?????

そうなるとまた不安。
やっぱりこれまでの何十回ものエラーと思っていた予約が
実は全部出来ていて、ぜーーーーんぶ決済されちゃうんではっ????

まぁ・・・変更、返金可、な切符なんだけど・・・・
でもこんだけトラぶってるのに、返金してちょ、ってお願いしてもそう簡単には行くまい・・・・・・。

その夜はもう本当にドッキドキしながら眠りました。
翌朝すぐメールをチェックすると、予約は一件だけだったようでやっとほっと。

もちろんtonomariちゃんに頼んだチケットも問題なく取れました。
(まぁ・・・これが2等料金で1等乗れるよ~、と嘘つきチケットくんだったが・・・。)
b0083925_17301935.jpg

この切符はチケットレスには出来ないので自販機で発券しなくちゃいけません。

一定の期間より前に予約をすれば、なんと自宅にも無料で届けてくれる!
そこまで親切に?????と驚いたが・・・・もちろん信用はしませんよ。
だってイタリアですものね。('-'*)

それにアタシの切符はとにかく自販機で発券だしね。

ちなみにパリではけっこうギリギリまで自宅発送してくれるそうで・・・
 フランスの郵便事情もヒドイと聞いてるけど、このときちゃんとtonomariちゃんちに届いたさ


行きも帰りも切符取れたし、ホテルも予約しよ!とウキウキ。
そして予約番号を握り締め駅へ発券に向かいます。

まだ出発まで数日あったけど、当日で慌てたりするのイヤだし
早く発券しちゃお!と思ったわけです。

で、駅の自販機でぴぴぴ、とタッチパネルも軽快に無事発券~♪(=v=)ムフフ♪

ルンルン♪と足取り軽く家へ帰ろうと切符を何気に眺めながら歩いていると・・・・・・
あれ????ちょっと待って??????
なんかこれ・・・・日付ちがくね?????
出発の日にち、違うよね???
あ、寝台夜行だから到着の日が書かれてる?とよく見直すも・・・・
いや、到着は翌朝の日付が入ってる・・・・。

ええええええええ~っ?!
何度もエラーと戦ううちに、どうも日付を間違って入力したものが
よりによって取れたわけ?????

でも・・・・ホテルも帰りの切符も買っちゃったし・・・
これは予約変更可、な切符なんだし、さっそく変更だーーーーっ!と
またパソコンに向かいます。

が・・・・・・・発券までされているのに・・・・・・
何故?????
アタシの予約ページはどうしても出てこない・・・・・・・・・・・。

何度見ても何処見ても・・・・ない。

仕方ない、予約メールに書いてあったコールセンターに電話してみる。
アタシの拙い、拙すぎるイタリア語では不安だけど・・・
とにかく日付変更して!って言うだけだし。

しかーーーーーし!
コールセンター、何度繋がっても・・・・途中で切れる!
これも3回はチャレンジ!
でも途中で切れる。
これってわざと????と思うくらい・・・・(TwT。)。

どんどん怒りが込み上げて・・・・
よっしゃ、駅窓口だーーーーっ!とまた駅へ!

窓口のおばちゃん、珍しく親切。
「あらWEBサイトで取ったチケット???アタシ解らないから聞いてみるわね?」と同僚に聞いてくれる。
すると同僚のお姉ちゃんは、いかにもイタリアーンなお姉ちゃんで
おばちゃんが聞いているのに、ぜんぜんまともに取り合わない。

しばらくガムをくっちゃくっちゃ噛む小生意気小粋な横顔を
オバチャンと共に見つめながら待ち続け・・・
やっと「あ、それWEB?ぢゃここでは出来ない!コールセンターに言って!」

いや・・・・だから・・・コールセンターに繋がらないし・・・・・。

するとオバチャンもさも申し訳なさそうに
「残念ね・・・・。」と呟いたきり後ろを向いてしまった・・・・・。

そう、そうだ、ここはイタリア。
ここでメゲていては先へは進めない。

だけど・・・・また言っちゃうけど・・・
当時はとーーーっても弱っていたアタシ。
もう頑張れない・・・・・。

ここはもうタリキホンガン

tonomariちゃんに連絡し、パリからの帰りのチケットをずらしてもらい
ホテルの予約も変更しなおした。


でも・・・・この時、イタリアでアタシがきっちりこの問題に向き合っていたら
一日ずれた乗車、あのクソ車掌と出会うこともなかったし
帰りもあのマダムたちのバトルに巻き込まれることも無かった・・・。

実はホテルも・・・同じホテルだったのに日付をずらしたことで
料金がUPしてしまい・・・・わずかだけどダメージだった・・・・・・・・。
b0083925_17273124.jpg


そしてこのネタを書こう、と久々trenitaliaのサイトを見て
ヴェネチア- パリの寝台夜行列車の予約を進めてみたら・・・
今度はちゃんと往復買えるようだ・・・・。

もちろん決済画面まで行ってないから途中で
「パリからのは買えないよ~。」ということになるかもしれないけど・・・・。


trenitaliaサイトの不具合は旅人たちの間では結構常識(?)だったみたいです。

だけど・・・このチケット以外はホントにチケットレスシステムも有効で
とっても便利でした・・・・。

とにかくこの時のことは最初っからこうしてケチが付いていたんですねぇ・・・・。

今日も長々ご静聴(?)ありがとうございました。
今日も同情の応援クリックをぜひともよろしくお願いしたします!
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
by mi-piace | 2010-10-15 17:28 | 犬と海外旅行イタリア留学 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://pastapeco.exblog.jp/tb/14217363
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by やこちろ at 2010-10-15 19:54 x
はじめまして。。。
「犬と一緒にタイに移住」でYAHOO!検索してたらここにたどり着きました。
今まで色々調べても「ピン!」とくるサイトがない中、ここでもうばっちり情報収集させて頂きました。
んで・・・どんな人がこのブログ書いてるの?って思って読み始めたら・・・・・もう、大変・・・お腹が痛い・・・(ごめんなさい、笑いすぎて)
一瞬でファンになってしまいました。
あ!私もトイ・プードルと暮らしてます。
うちの子は「ちろ」という7歳の男の子です。
また遊びにきますね。。。
これからよろしくです!(^^)!
Commented by Sachi at 2010-10-16 00:55 x
こんばんはー。
トラブルネタ3連続!毎日ハラハラドキドキの連続です!
人でなし車掌話には、怒りに震え
マダムバトルには、小学生レベルの喧嘩に笑わせてもらい
(人事だから笑えるけど、この場に居合わせたら笑ってられないですね。ペコリン&ごんぞうちゃんは恐怖に慄いていたことでしょう)
WEBサイト予約では、予約がいっぱい入ってなくてよかった!と
安心したのもつかの間、窓口の対応にムカムカ。
ヴェネチアーパリ往復にこんなドラマがあったなんて!!
さすが!?イタリアですね。
Commented by れおまま at 2010-10-16 07:30 x
列車トラブル、楽しく読ませて頂きました(笑)
私、5年程前イタリアのローカル列車に乗ったら、ご婦人が犬を膝に乗せて座ってらっしゃったので、やっぱりヨーロッパっていいなぁ!誰も文句なんて言ってないし。犬もすっごく大人しい。ほんと躾のなってないお子なんかよりよっぽど迷惑掛けないよねー。と密かに思ってました。よくリード無しでお行儀よく散歩している人も見かけるし、犬大好きの私としてはヨーロッパに移住したいと思っていました。(今も)
でも、やっぱり本当は電車ではキャリーに入れないといけないんだ。ちょっとがっかり。。。
これからもヨーロッパ事情、楽しみにしてますね!!
Commented by mi-piace at 2010-10-16 13:46
●やこちろさん、はじめまして!
タイに移住されるのですか?????
そこから我がブログへの到着、ありがとうございます♪

アジアへはイヌ連れで行ったことはないですが・・・
日本からの出国、入国は手続きは全部同じですから
ぜひ、過去ログやもう一個のブログなんかも覗いてみてください。
年末にはイタリアにイヌたちと行くので
それに向けての準備もちょいちょいUPしていきますので
末永くよろしくお願いいたします!
Commented by mi-piace at 2010-10-16 13:48
●Sachiさん、超大作3弾攻撃、お付き合いくださって
ありがとうございました(笑
そう、この手のトラブル、イタリアではほんとによーーーく
起こることなのです。
でも、こうしてネタになればそれでよし(←ほんとに?!)
と、いうことできっと来月上海や年末イタリアも
あんなことこんなこと、いろいろ起こると思うので
乞うご期待!?(笑
Commented by mi-piace at 2010-10-16 13:53
●れおままさん、長編にお付き合いいただきありがとうございます(笑

キャリーにしっかり入れて、って言うのは
今回のような寝台みたいに他人と個室に入るから、っていうことだと思います。
本当はローカル線でもそうしなくちゃ、かもですが・・・
れおままさんが見たというお膝ワンコもいっぱいいますし
我が家も普段は顔出したり、抱っこしたままだったり。
検札のおじちゃんにも叱られたことはありません。
もしかしたら規定があるのかも、ですが
向こうの人って「小さいからいい。」っていう
かなりアバウトな了解をくれたりもするので・・・苦笑。

ほんとに下手なコドモよりイヌの方が優遇されています。
イタリア修行中の☆付きレストランも子供はNGだけど
イヌはOKでした。
年末年始、また何かしら起こりそうな予感?!
乞うご期待で!
Commented by yuzu at 2010-10-18 00:32 x
列車トラブル、予約の時からだったのですね〜。
なんとなく「スライディング・ドア」と「バタフライ・エフェクト」という映画を思い出しましたですよ〜。
Commented by mi-piace at 2010-10-18 09:28
●yuzuさん、スライディングドアは観た。観たよ。
そうね、ちょっとしたきっかけで運命はどんどこ変わっていくのだ・・・。
あぁドラマティック・・・ってそうぢゃね~だろ?アタシの場合(苦笑
<< 前半終了。生徒さん生徒ワンさん... 結局フランス人?イタリア人?! >>