イタリアから帰国するためのイヌ検疫手続きについて。

b0083925_23102757.jpg
2010年の短期イタリア留学の時も、2009年の北イタリア旅行の時も
イヌを連れて行っているので、イタリアから日本へ帰国するための検疫手続きをしていますが
このふたつの旅はどちらも諸事情からイタリアでの検疫手続きについてUPする
気持ちの余裕がなく、そのままでした。
このブログは愛犬と海外旅行に行ってみたい!と思われた方に
よくチェックしていただいているので・・・今回はちゃんとそのお話。

日本から出国するときは親切丁寧に日本の検疫所が教えてくれるので
問題はないはずです。

そして帰国にあたっても、年々イヌ連れ旅行者が増えているのか
日本の検疫所の方で必要書類など、より丁寧なサンプルをくれたりするようになっています。
b0083925_23105846.jpg

でも・・・やっぱり旅先で検疫手続きをするのは不安がつき物と思います。
とくに短い旅行ではかなり大変です。

ワタシも過去の旅では入念に渡航先での検疫所にあたる施設や獣医を探しています。


ヨーロッパでもそれぞれその国によって対応などが違います。

パリはとても手続きに慣れている、と係りの方は仰っていましたし
一方ポルトガルでは検疫所の場所自体、現地の人にも解りにくいところにあります。
バルセロナでもすぐには書類は書いてもらえず、後日取りにいくのが通常なようでした。

でも、どれもワタシが当時経験したことで、それが現在も同じとは限りません。
b0083925_2312297.jpg

そしてイタリア。

イタリアではASUL(AUL)などと呼ばれる、その街にある「保健所」のようなところで
書類に裏書を貰います。

このASUL、街によって開いている時間も違えば
予約の要不要も違います。

また日本帰国時に必要な書類には獣医のサインと
保健所のサインがいりますが
保健所では獣医が担当していても、街の獣医でサインをもらってからASULに行く場合、
そしてASULでそのどちらもやってくれる場合、
それも街によって違います。

もしかするとイタリアなので、街によって、というより
その時担当してくださる方の気分、ということもあり得ます。

2009年の北イタリア旅行ではボローニャのASULで検疫手続きをしてもらいました。
この時はウェブサイトに獣医師のメールアドレスが載っていたので
そこにメールをし、予約をとり、街の獣医にも行く必要はありませんでした。

しかし、2010年の短期イタリア留学のときに、同じくメールを、と思ったら
もうウェブサイトにはメールアドレスが載っておらず電話での予約対応となっていました。

当時ちょっと凹んでいたので電話でややこしい対応をする余力がなく
ロベルトの住む街ファエンツェのASULに行くことにしました。

そして今回もロベルトに会いに行きすがら
ファエンツァのASULに。


ファエンツァは通常の旅行客が行くよな場所ではないので
あまり参考にはならないかもしれませんが
ただ、ここのASULと獣医さんはとてもしっかりしています。
b0083925_22593212.jpg


まずは街の獣医に行き、健康であることを確認してサインを貰います。

その後ASULで担当の方にサインとハンコを貰います。



ちなみにヴェネチアでの検疫も考えましたが
ヴェネチアはその土地柄、ASULの担当者はいろんな島を巡回しているそうで・・・
本島にいる時間は限られるそうです。

ですから旅の日程を組む時は注意が必要です。
b0083925_22595645.jpg



何と言っても、この書類がきっちり揃っていないと
(例えば、押してもらったハンコが違う、との理由だけで入国を認められなかったという
 事例も身近に聞きました。)
日本にせっかく無事帰国しても検疫所に180日も係留されてしまいます。


ワタシはとくに言葉が堪能ではないので、本当にこの手続きだけは
前もって準備をしっかりして出発するように心がけています。



今回も無事に書類にサインとハンコをもらいました。
これで帰国時はターンテーブルから荷物がでてくるのとほぼ同じタイミングで
イヌの再入国手続きも済んで、いっしょに家路につくことができます。


ちなみに・・・イタリアでも出国前48時間以内でないとサインをしてくれない場合もあります。

そして本当は日本の検疫所も出国前48時間までのサインを求めていますが
短期旅行でそれは厳しいとの判断で、
そこは日本ではその期限を過ぎていても受け入れてもらえます。
(もちろん短期旅行にのみ有効です!)

と、ちょっとややこしい話ですが・・・
イヌと海外に行くためにもっとも重要なお話でした。
b0083925_23142069.jpg

 
参考までにイタリアのASULは各町の名前とASULなどで検索するとヒットしますので
ご自身が行かれる街のASULを確認してください。

それでは・・・今日も応援のクリックをよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
by mi-piace | 2011-01-05 23:16 | 犬と海外旅行 イタリア里帰り編 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://pastapeco.exblog.jp/tb/14702827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuzu at 2011-01-06 01:32 x
mi-piaceさん、遅ればせながら明けましておめでとうございま〜す。
今年もよろしくお願いいたします♪

年末年始休暇中、実家のPCがまさかのブルーバックから復旧せず、
本日自宅にてまとめ読みさせていただきました〜。
いや〜、ヴェネチアにボローニャ、私も両方とも大好きな土地なので、
めっちゃ堪能させていただきました。
もう、お写真素敵過ぎです=3
そういえばむか〜し昔、イタリア留学を本気で考えてたな〜ってことを思い出しました・・・。
Commented by mi-piace at 2011-01-06 02:12
●yuzuさん、こちらこそ今年もよろしくお願いしますです!
PC・・・けっこうアタシの周りで休眠される方が多く・・・
時々ぞっとします・・・が、相変わらずバックアップとかぜんぜんしてない。
いかん、早く画像データだけでも!

そっかyuzuさん、留学考えていたのですね!
住むとねぇ・・・いろいろ面倒なことも多い国ですが
ゆっくり旅だと本当に楽しいですよ~。

yuzuさんの韓国土産がと~っても役に立ちました!
いいですねぇ、アレ!
Commented by webR25キャンペーン事務局 at 2011-01-28 22:26 x
【『webR251周年記念キャンペーン』へのご協力のお願い】

はじめまして。突然のコメントで失礼いたします。
『WebR25』1周年記念キャンペーン事務局をしております、株式会社リクルートの林と申します。

『webR25』では昨年12月より、賞金総額100万円が当たる1周年記念キャンペーン「真の“とっておき王”は誰だ!?」を実施中です。
知っている内容やおすすめの情報など、自分だけの“とっておき”の情報を募集しております。
http://r25.jp/sp6000/house/new/

そんな折、海外の情報を豊富にお持ちのmi-piaceさんのブログを拝見し、コメントを書かせていただきました。

現在、「海外で思いっきり楽しむ」という題材での投稿を募集しております。http://r25.jp/sp6000/features/view/146

もしご興味をもっていただけた場合は、上記のURLからmi-piaceさんの海外旅行の楽しみ方について投稿いただけないでしょうか。

投稿には会員登録が必要になります。
お手数ですが登録いただいた上で、投稿いただければと存じます。
よろしくお願い申し上げます。
Commented by mi-piace at 2011-01-29 18:35
●webR25事務局さま、拝見させていただきます。
<< Buon compleanno... イタリアの新しいイヌ友と親友と。 >>