渡航先からイヌたち再入国の手順。

b0083925_17383546.jpg

いつも帰国すると旅の間にUPできなかったことばかりを書いていて。

いつか愛犬と海外に!と思っている方が欲しい情報のひとつを
毎回書き忘れている気がします・・・。
渡航先(イタリア)で日本帰国に必要な書類にサインをもらうことはすでにUPしましたが・・・
b0083925_1739391.jpg

それら、整った書類を持って帰国すれば、本当に無事イヌたちは入国できるのか、ということ。

はい!もちろん大丈夫です!!!


機内に持ち込んだイヌは当然飼い主と共に飛行機を降ります。

イミグレーションはニンゲンのみ、とくにイヌについて申し出る必要はありません。

成田の場合イミグレーションを通過すると
階段を降りればそこには預けた荷物が出てくるターンテーブルのフロア。
b0083925_17394230.jpg

        ↑ これはパリの写真、成田で顔出しはNGです!

その右、あるいは左(第一、第二ターミナルによって違いますが)の端に
「動植物検疫所」の札が下がった受付のようなものがあります。

荷物が出てくるまで少々時間もあるので
ワタシは先にそちらにイヌたちと、書類を預けます。

で、荷物をピックアップし、再びその窓口に行くと
すでに書類はチェックされていることが多く
そのままその窓口横にある診察室のようなところで
マイクロチップチェックとちょっとした健康チェックを受けます。
b0083925_17401670.jpg

そこで問題がなければいくつかの書類にサインをして
イヌを受け取り検疫所係りの人と共に
出口前にある「課税、非課税」の荷物チェックのところまで行って
「イヌがいます。」とだけ告げて、後はフツウに出口を出られます。

荷物が出てくるのを待ってちょっと検疫チェックを受けて・・・
それでもおそらく30分程度くらいで毎回済んでいます

以前は同じ窓口にイヌを預けて、イヌは改めて別建物の検疫所まで
引き取りに行かなくてはなりませんでしたが
(まぁそれも遠くはないけど)
今はあのターンテーブルと同じフロアで全部済むのでさらにラクになりました。

b0083925_17474531.jpg


今回、飼い主自身の体調もイマイチだったりもして・・・
今後も続けたいイヌたちとの海外旅行も
よくよく考えて予定を決めなければとしみじみ思ったのですが・・・

最近ニュースになっているエジプト問題とか・・・
生徒さんがはまってしまった寒波ゆえのフライト欠航での延泊とか・・・

自然災害、あるいは思いも寄らないデモなども
これまで幸い何事もなく来ましたが・・・自分の身に降りかかることもあるってこと。

もしそんなことになったらイヌたちをどうするか、など
改めてじっくりと考えて・・・そして楽しい旅を続けたいなぁ、と。

b0083925_17405881.jpg


今回も飼い主の都合に合わせてくれたイヌたちに感謝、
そしてそれを助けてくれたたくさんの人たちにも感謝。

やっぱり・・・旅はいいなぁ。

それでは今日も応援のクリックお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
by mi-piace | 2011-02-06 17:52 | 犬と海外旅行 イタリア里帰り編
<< 衝撃の事実!!!! ちまちま、とろり。 >>