涙の雨

CL、悲願のバルサ優勝。
しかし素直には喜べない出来事があった。
まんまとダフ屋に偽物をつかまされたのだ。
パリへ発つ前に入手可能なチケットは1枚20万円強だった。
あまりの高額に躊躇して、いろんな人にも相談したら、まだ現地でダフ屋から買う方が多少安いのではとの見解。
ただ異国のダフ屋など怖いのでネットで事前にいろいろ調べ、最近偽物をつかまされることの多いことを知った。
それに対する対策についても、よく読んだ。
私たちが払える限界も決めた。2枚で2000euro。30万円だ。
そしていざ、スタジアムへ。
午前中、何人かのダフ屋から値段を聞くと2枚で6000euro。
実際鼻で笑われた。
途方に暮れた。
でも試合時間が迫ればもう少し下がるはずと信じた。
チケットを探すサポーターがたくさんいる。
私たちはある取り決めをした。
1枚1500euroまで下がったら、旦那さんの分だけ買うことを。
旦那さんは25年、バルサのファンだ。
旦那さんがいなければ私はサッカーなど興味の夕ないまま人生を終えただろう。
だから彼だけが観ることを恨む気もなく、逆に、是非観て欲しかった。
夕方、再度チャレンジする。
1枚2000まで下がった。
もう少しだ。
すると、あるダフ屋が声をかけてきた。
1800と。
1500というと1700になった。
その後交渉するが1700からは下がらない。
私は旦那さんに言った。その値段でいいよと。
チケットを見せてもらう。
何だか怪しい。
何度も本物かと聞くと、入場ゲートまで行き、係りに確認させている。
並んでいるサポーターにも確認すると、ちゃんとホログラムがついているから本物だと言う。
決めた。
支払いも細心の注意を払う。
この段階でもうまくごまかす輩がいると読んだからだ。
きちんと確認した。
奴は本当にいい試合になるよとウィンクした。
私は嬉しかった。
旦那さんは一人だけで観ることをすまながったが私は本当に嬉しかった。
いざゲートへ向かう。
私はゲート脇のフェンスで中に入った旦那さんの写真を撮るつもりで待った。
…が、少し遅い。
振り返りゲートを見ると、なんと旦那さんが戻ってきた。
その顔は全てを語っていた。
私は極力明るく振る舞った。
どう声をかけていいのか解らなかった。
私は悲しかった。
金額が大金だったことより、とにかく悲しかった。
あんなに嬉しそうにしていた旦那さんの気持ちを踏みにじったあいつが許せなかった。
かわいそうで泣けてきた。
旦那さんも泣いた。
騙された自分を責める姿があまりに辛かった。
でも私たちはできる限りのことはしたのだ。
そのくらい精巧なチケットだったのだ。
旦那さんが言うには彼の前にいたイギリス人2人も騙されていたらしい。
激しく怒っていたそうだ。
おそらく騙された人たちは皆、高額を騙し取られたであろう。
私たちも裕福ではないがヨーロッパ人だってなけなしのお金だったはずだ。
皆、本当に純粋に観たいという気持ちを踏みにじった奴らが許せない。
あまりの疲労にホテルに戻り、そのままそこで観戦することにした。
チケットが手に入らなければカフェのTVで観戦しようと考えていたが、その気力はなかった。
試合が始まった。
アーセナルに先制される。
アンリは切れている。
ロナウジーニョはいつものようにはいかない。
後半、雨が降り出した。
雷も鳴る。
騙された人達の怒りだ。
逆点、試合は終わった。
優勝だ。
旦那さんは喜んでいる。
でも私は思う。
この状況を本当に生で見せてあげたかった。
そこにいさせてあげたかった。
また泣けてきた。
ネタにするにはあまりに高すぎだったけど、ネタにしてねっ笑う旦那さんが可哀相だった。
でも帰国したら私たちは笑って話すだろう。
でも私は許さない。忘れない。

楽しい時間もありました。
そちらはいよいよチャンピオンズリーグ決勝をご覧ください。

ブログランキングやっと登録してみました。
ぜひわんクリックお願いします!→人気blogランキングへ

こっちも登録しちゃいました!→にほんブログ村 犬ブログへ
by mi-piace | 2006-05-18 16:06 | サッカーのこと。 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://pastapeco.exblog.jp/tb/4713729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by バルセロナのジム at 2006-05-18 19:43 x
あらららら、、、、、、言葉がありません、、、。

では、今からバルセロナに遊びに来ませんか?
優勝パレードを楽しんだ後、美味しいスペイン料理ご馳走しますよ!
Commented by ささきパブロ at 2006-05-18 22:15 x
バルセロナのジムさん経由で寄らせていただきました。はじめまして。
日本のニュースでも1枚14万円でダフ屋が出ているとか
盗難があったとかと言っていましたから、
現地では大変なことになっているんだろうなぁと思っていました。
お気の毒でしたね。
心から同情いたします。
Commented at 2006-05-18 23:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-05-19 01:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 666 at 2006-05-19 05:57 x
うー。ひでぇ!以外の言葉が出てこない。
そいつの首根っこを何とかして掴めんもんだろうか。
自国にとっても面汚しであろう大使館や観光局に言っても何ともならんか…。
ほんと、純粋な気持ちを踏みにじりやがって…。
金もそうだがあの時のワクワクした気持ちと時間と労力を返せ!って言ってやりたい,
早く捕まって苦行を強いられればいいのに。
むしゃくしゃするなぁ。

…ほんと、元気出して欲しいです。その悔しい思いを払拭するくらいのいい事があればいいですね。
Commented by マティ at 2006-05-19 09:51 x
初めまして、私もジムさんのところからやってきました。
お疲れ様でした。
読んでて知らない方のこととはいえこちらもとても悔しく、切ない想いになりました。
旦那さんを想う気持ちも痛いほどに伝わってきました。
そしてそれをネタにしてねと笑って奥さんを安心させようとする姿、自分でも悔しい思いを振り払おうとする姿・・・十分すぎるほど伝わってきました。

バルサの優勝はとてもめでたい事ですがココを訪れて、その裏でたくさんの両チームファンの方々が悲しい想いをしたことを私も忘れることはないと思います。
今のバルサは強いです。
また来年、次は正規の値段でCL決勝を観戦出来る日が来ると信じて期待しましょう!!
ジムさんにたかーーい料理ご馳走になって帰って下さい。
長文失礼いたしました。

Commented by gonza at 2006-05-19 14:22 x
うわー最悪ですね。
あ、初めまして。ジムさん経由でこちらのブログ拝見させていただきました。私の友達もアーセナルファンでチケットも無いのに、フランスに行ってます。もちろんチケットもダフ屋から入手するようです。
10万までなら払うといっていたのですがどうなったかまだ帰国してないのでわかりませんが...
私も以前に同じ目に遭いました。NYでジャネットジャクソンのライブのチケットを友達と2人でダフ屋から一枚100ドルで買い入り口でチケットを提示したら目の前でそのチケットを「NO」と破られてしまい、もうその瞬間は何がおこったのか理解できなく途方にくれました。が、結局自分たちにも非ががあると考え直し、「いい勉強になった」と開き直りお酒を飲んで朝まで踊り明かしました。
今回きっと同じ被害に遭われた人は多いと思います。
特に今回はTVで見ていても東洋系のサポーターの人が写らなかったので、現地でチケットを手にできた人は本当に数少ないと思います。
ま、起きてしまった事をくよくよ考えても仕方ないです。
そして、結果バルサも優勝する事もできましたし、今はその喜びに浸りましょう!!!!

長文でしかもこんなコメントですいませんでした。

Commented by daniella at 2006-05-20 20:52 x
mi-piaceさん

お祝いコメントを書き込みに来たのですが・・・。
私も前日まで航空券を握り締めてミラクルを待っていたのですが
適わず。1枚だけ入手できる可能性があったので、幼少時代を
バルセロナで育ったオットだけでもと同じ思いで祈るように待って
いたので、mi-piaceさんの気持ちが痛いほど解ります。

12月の旧トヨタカップでバルサは来日します。
その時は、お互いスタジアムで夫婦揃って観戦しましょうね!!

<< ダフ屋の件で、皆さんありがとう... モデルデビュー??? >>