大天使ミカエルが降り立った山へ

b0083925_17442227.jpg




SNSでは、滞在中も
まあまあ頻繁に更新していたイタリア旅。

だけどブログは…ねぇ(^_^;)

帰国してから かなり経っているのに…

まだ滞在5日目くらいまでしか
アップ出来ていないという。

だけど有難いことに
こんなに更新を怠っていても

毎日の様に、見に来てくださる方がいたり。

生徒さんにも
「楽しみに一応毎日チェックしてます。」
なんて言われたり…

SNSを一切見ないトモダチからも
「諦めずに日々更新を期待してる!」
とまで言われ…


アップするする詐欺?も
そろそろやめないと…(^_^;)



と、言うことで…

まだイタリアリトリート5日目。
しかも途中 笑笑



午前中は

こちらの美し過ぎた教会を見学し…

次の場所へ
チャーターバスで移動〜〜。


b0083925_17412146.jpg


こんな紅葉を見ながら
山を登ってきたら…


b0083925_17425478.jpg


こんな美しい湾を見下ろす
モンテサンタンジェロへ。

モンテサンタンジェロは

"大天使ミカエル"が3度も降り立った、
と言う場所。



b0083925_17450863.jpg





あのフランスのモンサンミッシェルも
ミカエルが降り立った事で
あの場所に修道院が建てられた、と
言われてるけど…

ここ、モンテサンタンジェロも同じ。


モンサンミッシェルがフランス語で
ミカエルの山なら

モンテサンタンジェロはイタリア語で
ミカエルの山。


つまり、ここも聖地であり
かなりなパワースポット。


b0083925_17530262.jpg


しかも、
『ミカエルライン』と呼ばれる
ライン上に

ここモンテサンタンジェロはもちろん
モンサンミッシェルまで
一直線にラインが繋がる訳だけど。

そのライン上に
アッシジもあるのですっ‼︎





b0083925_17495411.jpg


今回のリトリートで
そのミカエルラインの重要都市2ヶ所に
行けちゃうなんて✨


まさにリトリートメンバーは
この大天使ミカエルさまに
呼ばれたとしか思えない!




b0083925_18002611.jpg


しかもミカエルは
あらゆるものの守護 であり
感情の浄化  の天使だそうで…


今回のリトリートに
まさにぴったりな天使さま✨

b0083925_18200218.jpg



南イタリアはプーリア州っぽい
白い建物に
まずリトリートメンバーはきゃっきゃ^ ^

お土産屋さんには
ミカエルとピオ神父がたくさん 笑笑




b0083925_18020763.jpg



とは言え…あまり時間が無いので
早速、そのミカエルが降り立った山の
洞窟教会へ。


b0083925_18040250.jpg


ここから地下の礼拝堂へと
下ります。


b0083925_18050316.jpg


入口には大天使ミカエルさま✨



b0083925_18061056.jpg


階段を下って…


b0083925_18070201.jpg

下って。

この先、礼拝堂内は撮影禁止です。



午前中のピオ神父の教会とは
またぜんぜん違う波動が流れる場所でした。



b0083925_18090515.jpg


今回も、もちろん ドッグシッターさんと
お留守番しててくれたイヌたち^ ^



b0083925_18101124.jpg



ここも とても素敵な場所だったけど…

あまりに時間が無さ過ぎたのだけが
残念、、、


b0083925_18112545.jpg



ここもまたいつか
ゆっくり再訪したいものです。



b0083925_18124664.jpg



慌ただしく見学したあとは…

お楽しみのお食事へ^ ^


b0083925_18143668.jpg


再び、山を降りて
海沿いの街へと向かいます。


更新を待ちわびてくださる皆さん
ホントにありがとうございます✨

なるべく…なるべく頑張って
年内には前半旅行記
すべてアップしたいキモチだけは
あるので…

どうぞよろしくお願いします!


b0083925_18212093.jpg


# by mi-piace | 2017-12-18 17:31 | 犬と海外旅行 2017イタリア秋 | Trackback | Comments(0)

美し過ぎる教会。

b0083925_21320576.jpg


いつも、時差ボケにはダラダラ
悩まされますが…

今回はもうね、時差ボケとは言えない…

ただただ ひたすら眠い💤

ただただ ひたすら眠れる💤



b0083925_21340707.jpg

イタリアに居たときは
こんな朝焼けもみれるくらい
早起き (これこそ時差ボケ 笑) してたのに…

そして 眠り姫のごとく
睡眠を貪っていて
またまた更新が滞っております(ー ー;)



b0083925_21364975.jpg

思ってたより ずっと良かったホテルを離れ…

いよいよ、このリトリートの
クライマックスでもあり、
実は最後の日 (翌日には皆んな帰国) ‼︎

5泊なんて ホントーーに、あっという間です。


今回、リトリートを企画するにあたり
講師として
大ちゃんと



なっちゃんに参加してもらえる事に
なったので

スピリチュアルな場所に行こう!と
決めました。

そこで 色々 
イタリアのスピリチュアルスポットを
探した結果 見つけた ひとつが

ここ サンジョバンニロトンド と言う街にある
ピオ神父を祀る教会。

b0083925_21512367.jpg


ピオ神父は イタリア人に
人気?の 聖人。

イタリアの友達のうちに
ピオ神父の似顔絵?みたいなのが
飾られたりしてるのを見かけたり…

ヴァチカン 辺りのお土産屋さんでも
ピオ神父の似顔絵が売られてたり。

ただ…なんか顔が怖い気がして
とくに興味も持たずきたんだけど…



どうやらすごい人らしい。

でも、わたし自身は
ピオ神父そのものより
ピオ神父のご遺体を祀るために
造られたという

かつて見たことのない
現代的な建物の外観に
すっかり魅せられて 今回 立ち寄ることに。


b0083925_22435020.jpg


かつて見たことない、現代的…は
当たり前。

完成が2004年。

レンツォ ピアノ という
とても有名なイタリア人建築家の設計によるもの。

パリのポンピドゥセンターや
なんと、関空も設計してる人だそうです。


b0083925_22460799.jpg




病弱だったピオ神父が
このサンジョバンニロトンド に赴任して
体調が良くなり
この街を気に入って 長く暮らすように
なったそうなんだけど。

ピオ神父が おつとめしていた教会周辺は
とにかく なんだか地場がすごい!と
まず、なっちゃんが。

わたしも リトリートメンバーの
何人かも
頭がぐるぐるしたり
エネルギーを感じたり。


b0083925_22044997.jpg


そして中へ。

外側のアンモナイト型と同じく
中も とにかく斬新。

b0083925_22085327.jpg


そして とにかく 美しい、、、

まるで美術館のよう。



b0083925_22095637.jpg


アッシジのサンフランチェスコを
創始者とする
フランシスコ会の修道士である
ピオ神父。


b0083925_22141222.jpg



ここに来るまで そんなことも
ぜんぜん知らなかったけれど

この壁の両側にある素晴らしいモザイク画は
片側は サンフランチェスコ 、
もう片側は ピオ神父の生涯が描かれていて

そうだったんだ!と。


b0083925_22155852.jpg



アッシジからはるばるやってきた先で
そんな繋がりがあった事にも感激。

素晴らしいモザイク画、
いつまでも見ていられます。

その先に…


b0083925_22165425.jpg


ピオ神父のご遺体が祀られている部屋が。


写真撮影していいのか
解らなかったのもあるし…

あまりに神聖で
シャッターは切れませんでした。

でも…
この部屋の美しさも
本当は見て欲しかったな〜。

そして…

これもピオ神父の奇跡のひとつと言われる

死後約50年経って なお、
ご遺体が腐敗せずに残っていること。

そのご遺体をガラス越しに
見る事が出来るのです。

この部屋に入った途端…

すべての人が
ピオ神父に祈りを捧げる
その真摯な思いのエネルギーが
あまりに大きくて…

なんだか泣けて泣けて。

涙が止まらない。

そんなまま、ピオ神父と対面しました。


b0083925_22243879.jpg
↑ こちらの画像はネットからお借りしました。


よく見る似顔絵とは違って
とても穏やかなお顔をされていました。


わたしは なっちゃんに出会って
"祈り"を学びましたが…

祈るとはこういうことなんだ、

祈りが日常に溶け込んでいる人たちとは
こういうことなんだ、

と、ピオ神父に祈りを捧げる
人たちを見て

その姿に、神聖なパワーに
ただただ 静粛な気持ちで
わたしも祈りました。


b0083925_22290112.jpg


ピオ神父の部屋を出ると…

今度は自然光がいっぱいの
礼拝堂。



b0083925_22331747.jpg



光が差し込んでいるのは
ステンドグラスかと思いきや…
これは 布。

これも斬新。



b0083925_22355075.jpg



だけど溜息が出るほど美しい。


b0083925_22364943.jpg



深く祈りを捧げる
リトリートメンバーの姿にも
感激。




b0083925_22324106.jpg


もう…想像以上でした。


とにかく、イタリア人であっても
不便な場所にある小さな街だけれど。

たくさんホテルがある理由も
よく解りました。

b0083925_22393360.jpg


この扉を出たら…


b0083925_22410900.jpg



ドッグシッターさんと待っててくれた
イヌたち^ ^


b0083925_22403290.jpg


真っ直ぐに走ってきてくれたよ✨




b0083925_22425230.jpg



また、機会があれば
ぜひ行きたい場所のひとつに
出会えました。


建物も美しく
そこに集う想いも美しい、
そんな教会でした。

感謝です✨


さらにここから
パワースポットへとバスで
向かいます。






# by mi-piace | 2017-12-05 21:30 | 犬と海外旅行 2017イタリア秋 | Trackback | Comments(0)

イタリア人もびっくりだけど 笑笑

b0083925_03321749.jpg


さてさて。
アッシジからチャーターバスで
延々6時間くらい走って到着した街は…

サンジョバンニロトンド 。

プーリア州の小さな街です。


b0083925_03365043.jpg



わたしも初めて訪れる街。

ホテルもあまり期待出来ないよ!と
リトリートメンバーに散々言ってたけど…



b0083925_03412965.jpg


思いのほか、リノベーションしたばかりの
ホテルは ビジネスホテルクラスだけど
かなり可愛かった💕


b0083925_03442772.jpg

こんなポイントもあり
皆んな代わる代わる撮影。

我が家のイヌたちは
今回リトリートに
ドッグシッターとして参加してもらってる
旅トモさんが…笑笑


b0083925_03465373.jpg

こんな風に頑張ってくれました 笑笑


長い移動だったので
着いたらすぐ夜ご飯。


今回、この辺りのお店を決めるのは
結構大変でした。

わたしが行ったことある場所じゃないし。

人数がまあまあ居るから
いつもみたいに 感覚で その場で
決めるわけにはいかない…。

いつもはしない下調べと
予めの予約が必須!

だがしかし!

いいな、と思うお店が
ことごとく

予約いっぱい、とか

定休日、とか

冬休み、とか…。


この日の夜は
やっと選んだお店。

お店の雰囲気は悪くないんだけど…

カメリエーレさんが

なんか…ちぐはぐ 笑笑


オーダーしたものを勝手に
アレンジして
勝手に出してくる!という
すごい荒技っ!



b0083925_03551354.jpg



日本では考えられない事が
イタリアではよくあることだけど…

さすがに
勝手に注文した料理を
変えちゃう、は初めてだ〜〜っ 笑笑

イタリア人ガイドのビットさんすら
びっくり 笑笑


味は悪くない。
けど…
思ってたもの、食べたいものと
違うと…ねぇ 笑笑


まあ、とにかく不思議なお店でした。

お会計も未だ嘗てない
とろさ!

思わず わたし計算しましょうか?
みたいな 笑笑





b0083925_03574094.jpg


ま、こんなとここそ
印象にめっちゃ残るし
とにかく面白かったからよし! 笑笑

ってか、リトリートメンバーも
そう言うのにカリカリしないから
わたしも安心して 笑ってました^ ^


b0083925_04021951.jpg



朝はベランダを通って お隣の部屋に
ご挨拶するゴンゾウさん 笑笑


b0083925_04143181.jpg



そして
リトリートメンバーに
可愛がられて楽しそうな
ゴンゾウさん^ ^


b0083925_04105695.jpg


よかったね^ ^



b0083925_04155966.jpg


想像よりずっとよかったホテルを
後に…


b0083925_04062440.jpg




この後、この小さな街で
また素晴らしい体験を皆んなとします^ ^



b0083925_04090156.jpg






# by mi-piace | 2017-11-26 03:26 | 犬と海外旅行 2017イタリア秋 | Trackback | Comments(0)

エレガントからカジュアルまで

b0083925_16180542.jpg


こんな景色を見ながら…

アッシジから延々6時間くらいかけて
次の街へ移動です。


b0083925_16202789.jpg

長い移動時間を利用して…

今回のリトリートに
講師として参加してくれている

大ちゃんのリーディングを
受けながら…

b0083925_16252182.jpg


そして

こちらイタリアのバスは
運転手さんは
4時間以上続けて運転することは
法律で禁止されてるそう。

なので途中の街でランチ^ ^

b0083925_16272039.jpg


これ、ピッツァに見えるけど
"ピアーダ"。

休憩した街のあるマルケ州の
名物のひとつ。

リトリートタイトルが

"食べて祈って恋しちゃう♪"なので

なるべく いろんなモノ、
なるべく 地元のモノ、
なるべく いろんなシチュエーションで、

そんな食事をして欲しくて
何を何処で食べるかを考えました。


b0083925_16322313.jpg

ピアーダって本来、この生地に
具を挟んで食べるのが定番。

ここでは こんなピッツァ風だったり
巻いてあったり
もちろん 定番の挟んだのも
色んなバリエーションで でてきて
素敵だったんだけど…


b0083925_16353922.jpg


皆んな 初めてのピアーダに
きゃっきゃと楽しんでくれてる
様子を見てたら
写真撮るのはすっかり忘れた 笑笑


b0083925_16563395.jpg


ピッツァよりずっと軽くて
ついつい食べ過ぎちゃう。

けど! スイーツは別腹 笑笑


「本場のジェラートも食べたい!」と
リクエストがあったので…

ここのお店で おススメの
ジェラート屋さんを教えてもらって


b0083925_16394423.jpg


イタリアなんだから
何処でジェラート食べても美味しい

…は、間違い! 

やっぱり地元で人気のジェラートは
ぜんっぜん、違うのですよ^ ^


ここでも皆んなきゃっきゃと
美味しいジェラート満喫して…

美味しくて楽しい休憩は終わり。

またバスで延々と目的地へ向かいます。


b0083925_16592744.jpg



お腹いっぱい💕




# by mi-piace | 2017-11-25 16:16 | 犬と海外旅行 2017イタリア秋 | Trackback | Comments(0)

大切に。

b0083925_18094534.jpg


アッシジの穏やかな朝を迎えて…


b0083925_18110556.jpg


この日は アッシジの最大の見所、

サンフランチェスコ大聖堂へ。


b0083925_18131835.jpg

ガイドのビットさん提案で

サンフランチェスコ 大聖堂に
お勤めしているベトナム人修道士さまの
ご案内で見学。

b0083925_18155334.jpg


日本語で説明してくださった
お話の数々は

日頃、大ちゃんや なっちゃんから
学んでいるお話とシンクロしていて
とても深く感じました。

大聖堂内は撮影禁止なので
とても美しい内部をお見せできないのは
残念だけど…

素晴らしい時間でした。


b0083925_18192894.jpg


さらに、サンタマリアデリアンジェリ教会へ。




b0083925_18213751.jpg


ここは、サンフランチェスコ が
祈った この ↑ 小さな小さな祠を 
守るために造られた 大きな教会。

信仰の深さ、
大切なものを大切にしたい、という
愛の大きさの表れに感動します。


b0083925_18254134.jpg



そして、何でもないお土産屋さんで
きゃっきゃとお買い物を楽しむ女子たちを
優しく見守る 大ちゃんの愛も素敵💕


b0083925_18265794.jpg


さあ、ここから
リトリート最大の移動距離をバスで
走って、次の街へ。


b0083925_18290605.jpg


.

# by mi-piace | 2017-11-23 18:08 | 犬と海外旅行 2017イタリア秋 | Trackback | Comments(0)